2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ファルコンズはシーズン後にアーサー・スミ​​スコーチの状態を評価する予定。 ブロンコスはジョージ・ペイトンGMを留任すると予想されている

ファルコンズはシーズン後にアーサー・スミ​​スコーチの状態を評価する予定。 ブロンコスはジョージ・ペイトンGMを留任すると予想されている

ブロンコスはGMを留任すると予想されている

ブロンコスは多くの質問や関連するさまざまな会話を抱えてオフシーズンに突入します。 しかし、関係者らはゼネラルマネジャーのジョージ・ペイトン氏の地位に疑問の余地はないと述べている。

関係者によると、パットン氏は組織内では安全とみなされているという。 彼の総合的な評価の才能と、ヘッドコーチが昨オフシーズンに到着して以来のショーン・ペイトンとの強力な協力関係に基づいて、すべての兆候はペイトンが残留することを示しています。

2022年にナサニエル・ハケットをドラフト指名し、クォーターバックのラッセル・ウィルソンとトレードした名門パットンにとって、それは理想的ではなかった。 ハケットはフルシーズンを持たずに解雇され、次はウィルソンになるようだ。 しかし、これらの動きはペイトンとブロンコスのオーナー兼CEOのグレッグ・ペナーが到着する前に行われた。 このトリオが揃って以来、矢印は上を向いており、ブロンコスは過去10試合中7勝を収めており、日曜日のラスベガス・レイダーズとの最終戦に勝てれば2016年以来初の優勝シーズンを目前に控えている。

ベイナー氏が最終決定を下し指揮を執る一方、ペイトン氏の声も力強い。 今後も改善に向けた話し合いが行われることでしょう。 しかし、ペイトン、パットン、ペナーの調和のとれたトリオは今後も団結しそうだ。

READ  ニック・ルドゥルは怪我からの復帰で挫折を味わった