12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Rachel Nichols on Showtime Basketball's All The Smoke.

ファイザーは、米国のCOVIDワクチンの価格を1回あたり110ドルから130ドルに引き上げると予想しています

ニューヨーク(ロイター)-ファイザー社は、現在の米国政府の調達プログラムが終了した後、COVID-19ワクチンの価格が約110ドルから130ドルになると予想していると、ファイザーのアンジェラ・ルーケン最高経営責任者(CEO)は木曜日に述べた。

ルーキン氏は、政府が現在すべての人に無料で提供しているワクチンが、民間または国が負担する保険に加入している人々に無料で提供されることを期待していると述べた.

ロイターは木曜日、ウォール街はCOVIDワクチンの需要が弱いため、このような値上げを予想していたと報じた。これは、ワクチンメーカーが2023年以降の収益予想に応えるために値上げを行う必要があることを意味する。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

米国政府は現在、ファイザーとドイツのパートナーである BioNTech SE に 1 回あたり約 30 ドルを支払っています。 (22UAy.DE). 2023年には、米国での公衆衛生上の緊急事態が終息した後、市場は民間保険に移行すると予想されています。

「COVID-19ワクチンの米国の価格は、全体的な費用対効果を反映しており、価格が患者へのアクセスの障壁にならないと確信している」とルーキン氏は述べた.

健康保険に加入していない人がどのような形でワクチンを接種できるかはまだ明らかではありません。

ファイザーは、COVID-19 市場は成人向けの前年比のインフルエンザワクチン市場と同じくらい大きくなると予想しているが、これまでに提供されたスナップショットに基づいて、小児市場はより長くかかると予想している.

これまでのところ、元のコロナウイルス株とオミクロン株を対象としたCOVID-19ブースターショットの米国でのリリースは、より多くの人々がショットの対象となったにもかかわらず、昨年の速度に遅れをとっています.

米国の約 1,480 万人が、新しい注射を開始してから最初の 6 週間以内にブースター投与を受けました。 2021 年の再接種キャンペーンの最初の 6 週間で、2,200 万人以上が 3 回目の注射を受けましたが、その時点では高齢者や免疫不全の人々が対象でした。

ルーキン氏は、「早ければ」2023 年の第 1 四半期まで、ワクチンの購入を民間部門に移す予定はないと述べた。 この動きは、政府と契約した物資の枯渇にかかっています。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

(Michael Ehrman レポート)。 キャロライン・ホーマー著。 Bill Bercrot と Richard Boleyn による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  「FAANGを忘れて」とジム・クレイマーは言い、現在のインフレ環境で価値のある株に焦点を当てます