4月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ビンゴレーシングコルベットがジャパンカップに帰ってくる

ビンゴレーシングコルベットがジャパンカップに帰ってくる

ビンゴレーシングは先週、GTワールドチャレンジが2024年にアジアに復活し、全4レースのファナテックジャパンカップに参戦すると発表した。 チームオーナーの武井真治氏はチームのゴールウェイ・コルベットC7 GT3-Rをドライブし、トヨタ・ガズー・レーシング・ワークスドライバーの笹原右京とともにスポーツランド須古で2024年のジャパンカップ開幕戦に臨む。

ビンゴレーシングは12月28日にジャパンカップに参戦する当初の計画を確認した。 昨シーズン、ビンゴ レーシングはゴールウェイ コルベットを使用する唯一のチームとして GT ワールド チャレンジ アジアで大きな注目を集めました。アクティブな SRO 競技会に残っているわずか 2 チームのうちの 1 つです。

ビンゴ・コルベットは昨年、6月のレースに予定エントリーとして富士スピードウェイにエントリーした。 レース1では武井選手と日本の競馬界のレジェンドである飯田章選手が総合優勝という歴史を作りました。 C7 GT3-RにとってはSROが推進するシリーズ初優勝となった。 さらに、新車と海外からの若手大物ドライバーを擁するより確立されたチームを破ったクラスAエントリーでした。

しかし、翌日のレース2では会田がTGRコーナーで激しいクラッシュに巻き込まれ、チームのおとぎ話のような週末は突然終わりを告げた。 この事故により、この車は二度とレースに出場できないのではないかと多くの人が心配しましたが、シャーシは無事に修復され、C7 GT3-Rは再びGTワールドチャレンジ・アジアに出場することができました。

武井は2024年シーズンにフル復帰し、現在はプロアマクラスに参戦している。 SUPER GTシリーズとスーパーフォーミュラ選手権でToyota Team TOM'sのドライバーを務める笹原選手は、須古でジャパンカップ専用の週末を主催する予定だ。 残り3戦の武井のコ・ドライバーは後日発表される。

武井選手は「ジャパンカップ全レースに出場して完走し、最終的にはチャンピオンを目指したい」と語った。 「もう二度と飛行機に乗らないことを祈ります!」 彼は微笑みました。

「笹原選手は1レースしか出場できないので難しいかもしれませんが、楽しくてワクワクできるコラボレーションを準備しています。皆様にワクワク、ドキドキ、そしてファンの皆様に喜んでいただける人気チームを運営していきます。」を目指します。チャンピオンたち。

昨年、ビンゴレーシングのマネージャーとして富士レーシングに登場した笹原氏は、次のように付け加えた。

「スケジュールの都合上、1ラウンドしか参加できません。 でも、一人でも多くのファンの方に喜んでいただけるよう頑張りますので、ぜひお越しください! ご協力ありがとうございます。”

笹原がこのコルベットを運転するのは今回が初めてではない。 武井と笹原は2019年11月、富士スピードウェイで開催された第1回SUPER GT×DTMドリームレースのサポートレース「GT300スプリントカップ」に参戦した。

笹原は、フォーミュラ・リージョナル・アジア選手権とポルシェ・カレラカップ・ジャパンでチャンピオンタイトルを獲得し、それらのレースで2つの好成績を収めた後、2020年にファクトリーGT500とスーパーフォーミュラのドライバーとしてホンダに入社した。

さらに、ABSSAモータースポーツは1月下旬、GT3からGT4へメルセデスAMG GT4でジャパンカップに復帰することを発表した。 シーズン中は片山悟、福井泰道、豊田隆の3名がドライバーを分担する。

READ  日本12月最初のCOVID-19ブースターショットを計画します。