6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ビクター・ウィンパンヤマとチェット・ホルムグレンがNBAオールルーキーチームを率いる

ビクター・ウィンパンヤマとチェット・ホルムグレンがNBAオールルーキーチームを率いる

ニューヨーク – サンアントニオ・スパーズのビクター・ウェンバンヤマが今シーズンのNBAのオールルーキーチームに満場一致で選出されたとリーグが月曜日に発表した。

今シーズン、リーグの賞に投票した99人の投票者から満場一致でウェンバンヤマが新人王に選ばれたことを考えれば、それは驚くべきことではなかった。

ウィンバンヤマには、オクラホマシティ・サンダーのチェット・ホルムグレン、シャーロット・ホーネッツのブランドン・ミラー、マイアミ・ヒートのハイメ・ジャケス・ジュニア、そしてゴールデンステート・ウォリアーズのブラン​​デン・ポゼムスキーがトップチームに加わっている。

今年の新人王レースでウィンパンヤマの準優勝者であるホルムグレンも満場一致でファーストチームに選ばれた。

今月初めに発表された新年投票では、ミラー、ジャクイズ、ポゼムスキーがそれぞれ3位、4位、5位に入った。 これはオールルーキーチームの投票を終えた順序でもあり、ジャケスはウェンバンヤマとホルムグレンに加わり、99の投票すべてに登場した唯一の選手となった。

ダラス・マーベリックスのデレク・ライブリーは、ヒューストン・ロケッツのアーメン・トンプソン、ユタ・ジャズのケオンテ・ジョージ、サンダーのケイソン・ウォレス、メンフィス・グリズリーズのJJ・ジャクソンとともに、セカンドチームのルーキーの中にいた。 ジャクソンはウォリアーズのトレイス・ジャクソン=デイビスに1票差で最下位となった。

オールディフェンシブチームの選出は火曜日に発表され、オールNBAオールディフェンシブチームの選出は水曜日に発表される。 ウェンバンヤマはおそらくファーストチームのオールディフェンス選手になるだろう――彼は年間最優秀ディフェンス選手レースでミネソタのルディ・ゴベアを抑えて2位だった――そして間違いなくオールNBAからも考慮されるだろう。

もしウィンバンヤマがオールディフェンスチームかオールNBAチーム、あるいはその両方に選ばれれば、サンアントニオのセンター、ティム・ダンカン(1998年)とデビッド・ロビンソン(1990年)以来、その両方を獲得する初のルーキーとなる。両者とも総合1位だった。 ドラフト指名選手。

ディフェンスでプレーしたルーキーは5人だけだった:ワシントンのダンカン、ロビンソン、マヌート・ボル(1986年)、ヒューストンのアキーム・オラジュワン(1985年)、そしてミルウォーキー・バックスのカリーム・アブドゥル=ジャバー(1970年)だ。

ウェンバンヤマがNBAに出場できれば、NBA史上22人目のルーキーとなる。 このうち、過去45シーズンでそれを達成したのはダンカン、ロビンソン、シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダン(1985年)、ボストン・セルティックスのラリー・バード(1980年)の4人だけだ。

READ  ジェイソン・キッドが努力を呼びかけると、マブスはブーイングをした。 ルカ・ドンチッチはフラストレーションを認める