4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パーフェクトスウェル ウェーブ プールがまた日本にやって来ます

パーフェクトスウェル ウェーブ プールがまた日本にやって来ます

志摩の新しいプールの完成予想図。 画像: パーフェクトスウェル


うつ

日本の開発会社 をもたらすと発表した。 新しいパーフェクトスウェル ウェーブ プール 目江から志摩の海岸沿いにある阿児町。 2026年夏にオープンするこの40億円(2,600万米ドル)のプロジェクトは、現在世界最大のパーフェクトウェルプールであるブラジルのサンパウロにあるボアビスタビレッジプールの規模に匹敵するものとなる。

開発者の伊勢志摩文化開発株式会社は、プールの大きさは220メートル×100メートルで、膝の高さから頭上まで200種類の波を発生させることができると発表した。 それは日本の牧之原市にある現在のパーフェクトスウェルプールよりも大きくなります。 サーフスタジアム静波2021年開業。

このプールは、4 番目に建設されたフルサイズのパーフェクトスウェル プールです。 現在、ウェイコ サーフ、サンパウロのボア ビスタ ビレッジ、日本のサーフ スタジアムがこの技術を使用しています。 他にもあります 進行中のプロジェクト サンパウロ市内中心部に別のパーフェクトスウェルプールをもたらすため。

記者会見で両パートナーは、このプールは競技会に使用され、新しいタイプの全国サーフツアーの会場となる可能性があると述べた。 さらに、2028 年ロサンゼルスオリンピックと 2032 年ブリスベンオリンピックに向けてジュニアサーファーを育成するためにも使用されます。 日本のサーフスタジアムはすでに競技会やオリンピックの練習に使用されています。 米国と日本のオリンピックサーフィンチーム​​も、2020年の東京オリンピックに向けたトレーニングのためにこのプールを訪れています。

American Wave Machines はウェブサイトで、このプールを利用した Perfectswell テクノロジーにより、プール内の人数に応じて 1 分間に最大 10 波 (6 秒ごとに 1 波) の波が生成されると主張しています。

現在、開発会社が用地取得を進めている。 現在、開発の範囲には波のプールとダイニング施設が含まれていますが、他の施設も検討されています。

READ  日本の新鮮な缶詰のカレーは、飲む準備ができており、カレーを愛する国を喜ばせる準備ができています