10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パートナーがオーストラリアから日本へのアンモニアサプライチェーンの研究を加速

オーストラリアのウッドサイド・エナジー、日本のエネルギー企業であるJOGMEC、丸紅株式会社、北陸電力、関西電力、東北電力、北海道電力は、低排出燃料アンモニア供給を確立するための実現可能性調査を実施するための共同研究契約を締結しました。 オーストラリアから日本へのチェーン。

コースは構成されています 去年の作品、ウッドサイド、JOGMEC、丸紅、北陸電気、関西電力がサプライチェーン全体に目を向けたとき、炭素の回収と貯留の使用、バイオリアクターなどの天然ガスからのオーストラリアでの低排出アンモニアの生産を含む。 日本への海上輸送; アンモニアの発電および輸送用燃料としての使用。 そして金融。 昨年の調査では、両当事者は、経済と CO2 排出削減の観点から、サプライ チェーンの確立の実現可能性に対処しようとしました。

プロジェクトの第 2 フェーズの一環として、新たに参加した東北電力と北海道電力を含む 7 者は、結果に基づいて、低排出燃料アンモニアのサプライチェーンを確立する可能性について、より詳細な実現可能性調査を実施します。 昨年実施した実現可能性調査。

「アンモニアは燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出せず、エネルギー集約型の火力発電所や船舶用エンジン向けの次世代の低排出燃料と見なされています。アンモニアの生産、貯蔵、輸送に関する既存の実証済みの技術により、低排出燃料として早期に採用される見込みだ」とウッドサイド氏は語った。

日本政府は、水素のコストを下げ、低炭素移行燃料としてのアンモニアの使用を促進するために、2030 年までに本格的な国際水素サプライ チェーンを確立することを計画しています。 同国は 2030 年までに 400 万トンの純粋なアンモニアを輸入し、2050 年までに需要が 3,000 万トンに増加すると予想しています。

去年の9月、4 つの日本企業、岩谷産業株式会社、川崎重工業 (KHI)、および Woodside のパートナーである関西電力と丸紅は、オーストラリアの Stanwell および APT Management Services との間で、オーストラリアから液化グリーン水素を出荷するための実現可能性調査を実施するための覚書に署名しました。 日本。 水素は、再生可能エネルギーを使用してクイーンズランド州で大規模に生産され、グラッドストーン港で液化されます。

これに続いて、オーストラリア初の商用輸出が行われました 液体水素 船で日本へ
周防国境、世界初のLH2キャリア。 水素は、ビクトリア州のヘイスティングス ハーバーにあるプロトタイプの褐炭ガス化施設で製造されました。 このアジア太平洋のエネルギー貿易ルートを促進するために、KHI は神戸に旗艦ターミナルと専用の LH2 ターミナルを建設しました。

今年 6 月、日本の Inpex、IHI Corporation、商船三井 (MOL) は、アラブ首長国連邦 (U​​AE) と日本を結ぶクリーンなアンモニアのサプライ チェーンを実証しました。 純粋なアンモニアは、アブダビ国営石油会社 (ADNOC) から供給され、ADNOC と OCI.NV の合弁事業である Fertiglobe によって製造されました。

READ  最高の選手のための日本ラグビーマグネット