2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パンデミックの混乱により、2022 年には日本で記録的な欠勤者が発生

パンデミックの混乱により、2022 年には日本で記録的な欠勤者が発生

日本のデータ

学術コミュニティは家族です


日本の小中学校への入学を拒否する生徒の数は、2022年までに30万人近くに増加すると予想されています。

文部科学省の児童生徒の問題行動・欠席に関する調査結果によると、2022年に30日以上の不登校児童生徒が増加した。 前年比5万4,108人(22.1%)増の29万9,048人で新記録となった。 10年連続の増加となり、10年前と比較すると欠席者は小学生で3.6倍、中学生で2.1倍に増加した。

不登校を学力別にみると、小学生は10万5,112人(前年度比29.0%増)、中学生は19万3,936人(18.7%増)となった。 これは全学生の 3.2% に相当します。 欠席の理由は「怠惰、不安」が51.8%で最も多く、次いで「生活リズムの乱れ、遊び、非行」11.4%、「いじめ以外の友人関係の問題」9.2%となった。

これは新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響とみられ、学校閉鎖や学校行事の中止などの実践に混乱が生じている。 友達を作るのが難しくなりました。

生徒が学年的に来ることを拒否する

小中学校全体の不登校率は生徒1,000人当たり31.7人となった。 90日以上欠席した生徒は16万5669人で、そのうち55・4%と不登校生徒の半数以上が占めた。

欠席による不登校児童生徒数

(日本語から翻訳。バナー写真 © Pixta)

教育
学校
COVID-19(新型コロナウイルス感染症

READ  AUSA、日本代理店を任命 - 国際レンタルニュース