5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パンサーズはベテランRBラシャド・ペニーと契約すると関係者が語る

パンサーズはベテランRBラシャド・ペニーと契約すると関係者が語る

ノースカロライナ州シャーロット — カロライナ・パンサーズのバックフィールドは混雑しつつある。

チームは元1巡目指名選手のラシャード・ペニーをドラフトし、シアトル・シーホークス時代のデイブ・カナレスコーチとペアを組む計画だとリーグ関係者がESPNのジェレミー・ファウラーに語った。

移籍は今週末のルーキーミニキャンプ後に行われる見込みだ。

ペニーはカロライナ大のバックフィールドで、2024年2巡目指名のジョナサン・ブルックス、チューバ・ハバード、マイルズ・サンダース、ラヒーム・ブラックシアに加わることになる。

ブルックスは昨シーズンテキサスで負った前十字靭帯断裂を修復する手術を終えたところだ。 同選手はドラフト後に、トレーニングキャンプまでに医学的な問題が解決する見込みだが、体制に慣れていくまでに追加のラインバッカーの獲得が必要になるかもしれないと語った。

ベニーは、走りと多用途性を特徴とするカナレスのシステムに精通しています。 カナレスがパスゲームコーディネーターを務め、カロライナ州の新オフェンスコーディネーターであるブラッド・イジクがオフェンスアシスタントを務めた2021年はシーホークスで最高のシーズンを過ごした。 彼は119回のラッシュを行い、749ヤードを獲得し、6回のタッチダウンを記録した。

ペニーの加入により、パンサーズは昨季ハバードに先発の座を奪われたサンダースをトレードする際の柔軟性も得られる可能性があるが、GMのダン・モーガン氏はペンシルバニア州立大からの2019年2巡目指名選手が「大きな役割」を担うと考えていると語った。

28歳のペニーは昨シーズン、フィラデルフィア・イーグルスでプレーしたが、出場はわずか3試合で、ラッシュ11回で33ヤードを獲得した。

2018年のドラフト1巡目(全体27位)でシーホークスに指名された彼は、6シーズンで1,951ヤード、13タッチダウンを記録した。

READ  ブルワーズがレイズに勝利した試合で、アブネル・ウリベとホセ・シリが乱闘でパンチを繰り出し退場処分となった