3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パナソニックが機器証明書の不正を発見

パナソニックが機器証明書の不正を発見

経済技術


大阪、1月 12日(GGプレス)–パナソニック工業は金曜日、自動車部品や家電製品に使用される接着剤を含む52の製品カテゴリーについて第三者認証に不正があったと発表した。

パナソニックホールディングス株式会社同部門は、認証された製品のコンポーネントとは異なるコンポーネントを使用してそのような製品の一部を製造し、認証のための性能試験に提出されたデータを改ざんしたと述べた。

パナソニックインダストリーズによると、日本や中国などの計7工場に対する11月の検査で不正が確認されたという。 一部の悪行は1980年代に始まった。

パナソニック工業は金曜日、この不祥事を調査するため、弁護士2名と大学教授1名からなる外部委員会を設置した。

パナソニックホールディングスグループCEOの久住有紀氏は、徹底的に調査し、不祥事を根絶することを誓った。 パナソニックグループは他の部門でも同様の不正行為が発生していないか社内調査を行うとしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  2023 年の見通し: 日本を除くアジアにおける燃料効率の選択肢 | 債券と株式 | パートナー コンテンツ