4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット氏がチャーリー・マンガーを称賛

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット氏がチャーリー・マンガーを称賛

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット最高経営責任者(CEO)は、マンガー氏の死後初めて株主に宛てた年次書簡の中で、同グループの元副会長チャーリー・マンガー氏を同社の「建築家」であり、手ごわいパートナーであると回想した。

「チャーリーは今日のバークシャーの『建築家』であり、私は彼の日々のビジョンを実現する『ゼネコン』として行動した」とバフェット氏は株主に宛てた書簡の中で述べた。

バフェット氏は、長年のビジネスパートナーとの関係を「兄貴であり、愛情深い父親」だと語った。

「チャーリーはクリエイターとしての自分の役割を決して称賛しようとしなかったが、代わりに私がひれ伏して賞賛を受けることを許してくれた。ある意味、チャーリーと私との関係は兄貴分であり、愛情深い父親でもあった」とバフェット氏は書いた。 「たとえ彼が正しいとわかっていても、彼は私にコントロールを与えてくれました。私が間違いを犯したとき、彼は決して私に間違いを思い出させませんでした。」

ウォーレン・バフェット氏の友人でビジネスパートナーのチャーリー・マンガー氏が99歳で死去

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットCEO(左)は、チャーリー・マンガーを数十億ドル規模の会社の「建築家」として回想している。 (ヨハネス・アイゼル/AFP、ゲッティイメージズ経由/ゲッティイメージズ)

「物理的な世界では、偉大な建物はその建築家と関連付けられますが、コンクリートを流し込んだり窓を設置した人はすぐに忘れ去られます。バークシャーは素晴らしい会社になりました。私は長い間建設作業員の責任者を務めてきましたが、チャーリーは彼と協力しなければなりません」永遠に続き、建築家としての功績も追加されました。

バフェット氏は株主への書簡の中で、最終的な数字をほとんど無視し、投資を除いたバークシャーの営業利益に注目するよう投資家に促した。

最初はパラマウント、今はアップル。 ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャーがテック・ジャイアント株を売却

「報告された数値とバークシャーが推奨する数値との主な違いは、1日あたり50億ドルを超えることもある未実現キャピタルゲインまたはロスを除外していることだ」とバフェット氏は書いた。 「皮肉なことに、『最適化』が課せられた2018年までは、私たちの好みがほぼ標準でした。何世紀も前のガリレオの実験は、上からの命令に手を出してはいけないということを私たちに教えるはずでした。しかし、バークシャーでは、私たちは頑固になることがあります。」 」。

バークシャー・ハサウェイの株主

ファイル写真:2013年5月4日、オマハで開催された同社の年次総会で、ビデオスクリーンの前を歩くバークシャー・ハサウェイの株主たち。 (ロイター/リック・ウィルキング/アーカイブ写真/ロイター写真)

バフェット氏はまた、バークシャーの株価に対する期待を和らげ、同社の巨大な規模には「目を引く業績を生み出す可能性は残されていない」と述べた。

「この国でバークシャーに真の変化をもたらすことができる企業は数社しかありません。彼らは私たちによって選ばれ、そして他の企業によって際限なく選ばれてきました」とバフェット氏は書いた。 「評価できるものもあれば、評価できないものもある。」

93歳の億万長者はまた、後任のグレッグ・アペル副会長が「明日バークシャーのCEOになるためにあらゆる面で準備ができている」と投資家に保証した。

チャーリー・マンガー、頭と肩を撃たれる

バークシャー・ハサウェイ副会長のチャーリー・マンガー氏がロサンゼルスで開催されたデイリー・ジャーナル社の株主総会で講演。 (パトリック・T・ファロン/ブルームバーグ、ゲッティイメージズ/ゲッティイメージズ経由)

バフェット氏は、マンガー氏のビジネスパートナーであり友人でもある同氏が11月に99歳で亡くなった後、心からの追悼の意を表した。

バフェット氏は死亡時の声明で「チャーリー氏のインスピレーション、知恵、関与がなければバークシャー・ハサウェイを現在の地位に築くことはできなかった」と述べた。

ここをクリックして、外出先でも FOX Business を入手してください

バークシャーの副会長に加えて、マンガー氏は不動産弁護士、デイリー・ジャーナル社の社長兼発行人、コストコ取締役会のメンバー、慈善家、建築家でもあった。

Fox News Digital の Stephenie Price がこのレポートに貢献しました。

READ  デイリーハーベストは、病気と入院の苦情の後、フランスのレンズ豆とクランブル湖を思い出します