7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バリーとして知られる恐竜がパリの珍しいオークションに出品される

バリーとして知られる恐竜がパリの珍しいオークションに出品される

[パリ(ロイター)]-約1億5000万年前のジュラ紀後期のものとされるバリーとして知られるカンプトサウルス恐竜の骨格標本が来月パリで売りに出される予定だ。

この恐竜は 1990 年代に米国のワイオミング州で最初に発見され、2000 年に古生物学者のバリー ジェームスによって最初に復元され、その名前の由来となっています。

昨年バーリを引き継いだイタリアのズウィック研究所は、高さ2.10メートル(6.9フィート)、長さ5メートル(16.4フィート)の骨格のさらなる修復作業を実施した。

売却が行われるパリのオークションハウスのアレクサンドル・ジキーロ氏は、「非常に保存状態の良い標本で、非常に珍しい」と語った。

同氏はさらに、「頭蓋骨を例に挙げると、頭蓋骨は90%完成しており、恐竜の残りの部分(骨格)は80%完成している」と付け加えた。

ジカイロ氏によると、美術品市場に出品される恐竜の標本は、世界中で年に2回しか販売されないため、依然として希少だという。

骸骨は売却前の10月中旬に一般公開され、価格は120万ユーロ(128万ドル)に達すると予想されている。

ルイーズ・ダルマソが報告した。 ジェーン・メリマン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ULA アトラス V NROL-107 | ケネディ宇宙センター ビジター コンプレックス