4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン氏、根管治療後のNATO首脳会議を延期

バイデン氏、根管治療後のNATO首脳会議を延期

[ワシントン 2日 ロイター] – ジョー・バイデン米大統領は月曜、数日以内に2回目の根管治療を受けるため、北大西洋条約機構(NATO)長官との会談を延期し、他の公の行事も欠席したとホワイトハウスが発表した。

ホワイトハウスでの治療後、カレン・ジャンピエール報道官は「大統領は元気で、午後は間違いなく公邸で仕事をするだろう」と述べた。

報道陣に回覧された同氏の主治医からの書簡によると、バイデン氏は日曜日に歯痛を訴え、ウォルター・リード国立軍事医療センターのチームがレントゲン検査と根管治療を行うことになった。

「大統領はこの処置に非常によく耐えた」と医師のケビン・オコナー氏はこれまで非公開だった治療法について書いている。 「合併症はありませんでした。」

ホワイトハウスは、80歳のバイデン氏は月曜日に痛みが増し、局所麻酔を受けたため、合衆国憲法修正第25条に基づきカマラ・ハリス副大統領に権限を移譲する必要はなかったと発表した。

ニューヨーク大学歯学部歯内療法主任のアスギル・シグルズソン医師によると、根管治療は、特に高齢者にとって痛みを引き起こしている感染歯の治療に一般的であるという。 同氏によると、米国では毎年何百万人もの公演が上演され、ほぼ普遍的な成功率を誇っているという。

シグルズソン氏は、損傷した歯組織を除去して問題を完全に解決するには、場合によっては 2 回以上の処置が必要になると述べました。 手術中の痛みを和らげるために局所麻酔が使用されるため、手術後数時間は話すことが困難になる場合があります。

「一度適切に治療すれば、合併症を起こすことなく治癒します」とシグルズソン氏は語った。

バイデン氏は以前、現最高裁判事クラレンス・トーマス氏の承認公聴会を監督する上院議員として1990年代に根管治療を受けたことがある。

バイデン氏は米国大統領を務めた中で最高齢であり、2024年の選挙で2期目の4年間の任期を目指す予定であることから、年齢と健康状態の両方が有権者の注目を集めている。

NATO指導者探しが激化

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長との会談と外交職員らとのレセプションは火曜日に延期された。 ハリス氏は大学スポーツ選手を祝うイベントに出席したが、バイデン氏の欠席については言及しなかった。

米国主導の北大西洋条約機構(NATO)によるストルテンベルグ氏の後継者探しは、軍事同盟がロシア侵攻への対応でNATO非加盟のウクライナを支援する中、欧州からの複数の候補者候補によって激化している。

関係者によると、バイデン氏は既知の選択肢をまだ特定していない。

ストルテンベルグ氏は9月末に9年間の任期を終えて退任する予定だ。

新しいNATO指導者は、NATOをロシアとの戦争に直接送り込む可能性のあるあらゆる展開を警戒しながら、加盟国の統一したウクライナ支持とのバランスを取る必要がある。

NATOの書記長は通常、加盟国31カ国全員が参加するコンセンサス志向のプロセスを通じて任命されており、米国はNATOのすべての決定、特にバイデン氏の見解に多大な影響力を行使している。

(トレバー・ハニーカットによるレポート)。 Tyler Clifford と Doina Chiacco による追加レポート。 編集:ジョナサン・オーティスとグラント・マッコール

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ウィリアム王子とキャサリン妃は公的支援によって「大きな影響を受けた」