5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン氏、人質取引について協議、日曜日のネタニヤフ首相との電話会談でラファ侵攻に対する「明確な立場」を改めて表明

バイデン氏、人質取引について協議、日曜日のネタニヤフ首相との電話会談でラファ侵攻に対する「明確な立場」を改めて表明

ロイター

ジョー・バイデン米国大統領とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相



CNN

ジョー・バイデン大統領とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は日曜日、主にガザの人質解放について話し合った、と両者の電話会談に詳しい関係者が明らかにした。

ホワイトハウスは日曜日の電話会談での声明で、バイデン氏がイスラエルによるラファ侵攻の可能性について「明確な立場」を改めて表明したと述べた。 これは1時間弱続いた通話の一部だったが、関係者によると、主にハマスに拘束されている人質解放に向けた協議が焦点となったという。

両首脳は協議した 先週公開されたビデオ バイデン氏がハマスに拘束条件を受け入れるよう求めた、他の17カ国の首脳との異例の共同声明に加え、米国人を人質に取ったことだ。 停戦と人質協定関係者は語った。

ホワイトハウスはまた、人道支援に関する両首脳の会話を強調した。 「大統領と首相はまた、今週から始まる新たな北部国境開設の準備など、ガザへの人道支援物資の提供拡大についても話し合った」と声明は述べた。

ホワイトハウスはさらに、「大統領は、人道団体との全面的な連携の下、この進歩を継続し、強化する必要性を強調した」と付け加えた。 首脳らはラファ氏の問題について話し合い、大統領は明確な立場を確認した。」

バイデン政権はイスラエル側に対し、ラファの民間人をどのように保護するかについて明確で実行可能な計画を見たいと明言した。

ホワイトハウスの国家安全保障広報担当補佐官ジョン・カービー氏が日曜、ABCに語ったところによると、バイデン政権が懸念を共有できるよう、ガザ地区最南端の都市には100万人以上が住んでおり、イスラエルは侵攻を開始しないと米国側に伝えたという。

カービー氏は、米国は一時停戦と人質の解放を含む合意に達するために依然として努力していると述べた。

「もし私たちがこの人質取引を実行できれば、そして私たちはまだそれに取り組んでいますが、ハマスはそれを完全に拒否したわけではなく、彼らはこの提案を検討中です。 それが達成できれば、6週間の平和が得られます。 カービー氏はABCの番組「ディス・ウィーク」で、「6週間は戦闘がない。ラファで戦闘がないことも含まれる」と語った。

「私たちが望んでいるのは、6週間の一時的な停戦の後、おそらくより恒久的な何かを達成できることです。できるだけ早く紛争を終わらせたいと思っています。」と彼は付け加えた。

外務大臣 アントニー・ブリンケンは今週この地域に滞在する予定 カタールとエジプトによる数カ月の調停にもかかわらず停滞したままのイスラエルとハマスの停戦と人質交渉について指導者らと話し合うため。

日曜のネタニヤフ首相との会談でも、バイデン氏はイスラエルに対する「断固たる」決意を改めて表明した。

この電話は、バイデン氏が支援策に署名して成立した数日後に行われた。 含まれるもの イスラエルに260億ドル。 このパッケージには、ウクライナへの610億ドル近くとインド太平洋地域への80億ドル近い支援も含まれている。

ホワイトハウスの声明は「大統領は、今月初めのイランによる前例のないミサイルとドローン攻撃に対する防御の成功を受けて、イスラエルの安全保障に対する確固たる決意を再確認した」と述べた。

今月初めの両首脳間の電話会談で、バイデン氏はネタニヤフ首相に対し、ガザ地区全体の人道状況は受け入れがたいものであり、イスラエルに対し危機に対処するための措置を講じるか、その結果に直面するよう警告した。これはイスラエルの最も強力な同盟国からの厳しい声明である。

この記事と見出しは追加の展開により更新されました。

READ  ドイツの警察官が道路を封鎖した気候変動抗議活動参加者に油を投げつけたとして告発される