7月 16, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハロウィンの時期にぴったり!  NASAの探査機ジュノーが木星に恐ろしい「顔」を発見

ハロウィンの時期にぴったり! NASAの探査機ジュノーが木星に恐ろしい「顔」を発見

  • この恐ろしい写真は、第54回ジュノー探査機が木星を通過中に撮影されたものです。
  • NASAはピカソの142歳の誕生日にこの絵を公開すると発表した

ハロウィーンが目前に迫る中、NASAは木星の奇妙な見た目の「顔」の新たな画像を公開し、不気味な悪ふざけに参加した。

この画像は、NASAの探査機ジュノーが先月、この巨大ガス惑星の54回目の飛行中に撮影したものである。

これは、目、鼻、口のねじれた外観を作り出す、かなり珍しいパターンを形成する木星の途切れ途切れの雲を捉えています。

画像の半分は地球の夜側の暗闇にあり、ドアの後ろから顔が覗いているように見えるため、NASAはさらに恐ろしいものにしていると述べた。

「ハロウィーンの時期に合わせて、NASAのジュノー計画が木星で奇妙な顔を発見した」と宇宙機関は付け加えた。

不気味: ハロウィーンが間近に迫っている中、NASA は木星のグールのような「顔」の新しい画像を公開し、不気味な悪ふざけに加わりました。
これは、目、鼻、口のねじれた外観を作り出す、かなり珍しいパターンを形成する木星の途切れ途切れの雲を捉えています。

ジュピター: 基本

木星は太陽から 5 番目の惑星であり、太陽系で最大の惑星です。

それは、大部分が水素とヘリウムで構成され、いくつかの重元素を含む巨大なガスの球です。

「木星のよく知られた縞と渦は、実際には水素とヘリウムの大気中に浮遊する、アンモニアと水の冷たい嵐の雲である」とNASAは述べた。

「木星の有名な大赤斑は、地球よりも大きい巨大な嵐で、何百年もの間荒れ続けています。」

この惑星は他の惑星を合わせた大きさの2倍で、大赤斑だけでも地球全体がその中に収まるほど大きい。

1 つの宇宙船、NASA のジュノー宇宙船が現在、この巨大な世界を探索しています。

事実と数字

太陽からの距離:7億5000万km

オービタル: 12年間

表面積: 614.2億平方キロメートル

半径:69,911km

質量:1.898×10^27kg(317.8m⊕)

一日の長さ: 0分9時間56分

衛星: 正式名称付き 53 個。 無数の追加の衛星

ジュノがこのようなイメージを制作したのはこれが初めてではない。

私たちの太陽系最大の惑星の上空を周回する木星の雲の眺めは、しばしばパレイドリア現象と呼ばれるものをもたらします。

ここで人間の心は目に映るものを理解しようとし、非現実的な意味を生み出します。

例としては、ほぼランダムなパターンで顔が認識されることが挙げられます。

これらの絶望的な「顔の特徴」は、木星の嵐雲の異常な形に気づいた市民科学者ウラジミール・タラソフによって発見されました。

暗い長方形の目は眉のように見える雲に囲まれ、鼻は圧縮され、鼻孔があり、悲しい笑みを浮かべています。

NASAは、それが「複数の顔の視点」を持つ立体主義の肖像画に似ていると述べた。

宇宙機関は10月25日に画像を公開した。 ピカソ生誕 142 周年

タラソフ氏は、宇宙船の JunoCam 機器からの生データを使用して画像を作成しました。

この写真は、この巨大ガス惑星の終点、つまり地球の昼側と夜側を分ける線に沿った乱流の雲と嵐を捉えています。

最初の画像が撮影された時点で、探査機ジュノーは木星の雲の上空約4,800マイル(約7,700キロメートル)にあった。

そのミッションの目標は、木星の組成を研究し、その極磁気圏、重力場、磁場を評価することです。

さらに、ジュノーはこの巨大ガス惑星の乱暴な大気、その天気、そして惑星の衛星の側面を観察してきた。

オービター: NASA のジュノー宇宙船 (アーティストの印象に描かれている) がそのような画像を生成したのはこれが初めてではありません。 私たちの太陽系最大の惑星の上空を周回する木星の雲の眺めは、しばしばパレイドリア現象と呼ばれるものをもたらします。

そのミッションは当初2021年7月に終了する予定だったが、2025年9月まで、あるいはそれが先の場合は宇宙船の寿命が終わるまで延長される予定だった。

ジュノーは、地球から 18 億マイル (28 億キロメートル) 以内を 5 年間の旅した後、2016 年 7 月 4 日に木星に到着しました。

ブレーキ操作が成功した後、長い極軌道に入り、惑星の渦巻く雲頂から 3,100 マイル (5,000 km) 以内まで飛行した。

これまでにこれほど木星の近くを周回した宇宙船はありませんでしたが、他の2機が大気圏に突入して破壊されました。

ジュノーのミッションが終了すると、探査機はガス巨人が崩壊するまで大気中に向けられることになる。

でもそれまでは、彼女がこのような奇妙で素晴らしい写真を撮り続けてくれることを願っています。

NASAの木星探査機ジュノーは太陽系最大の惑星の秘密をどのように明らかにするのか

探査機ジュノーは、地球から 18 億マイル離れた 5 年間の旅を経て、2016 年に木星に到着しました。

探査機ジュノーは、地球から 18 億マイル (28 億キロメートル) を 5 年間かけて旅した後、2016 年 7 月 4 日に木星に到着しました。

ブレーキ操作が成功した後、長い極軌道に入り、惑星の渦巻く雲頂から 3,100 マイル (5,000 km) 以内まで飛行した。

探査機は2週間に1回、惑星の雲の2,600マイル(4,200キロメートル)以内を飛行するだけで、単一の画像で全世界をカバーするには近すぎた。

これまでにこれほど木星の近くを周回した宇宙船はありませんでしたが、他の2機が大気圏に突入して破壊されました。

危険な任務を完了するために、ジュノーは木星の強力な磁場によって発生する非常に強力な放射線嵐を乗り越えました。

ほぼ光速で移動する高エネルギー粒子の渦は、太陽系で最も過酷な放射線環境です。

これらの状況を克服するために、宇宙船は特別な耐放射線性ワイヤとセンサー シールドによって保護されました。

その極めて重要な「頭脳」である宇宙船のフライトコンピューターは、重さ約 400 ポンド (172 kg) のチタン製の装甲金庫に収められていました。

この探査機は、2025 年まで地球の大気の組成を研究する予定です。

READ  SpaceX、ケープカナベラルからのファルコン9便で23基のスターリンク衛星を打ち上げ – Spaceflight Now