6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハリコフ:ロシアによる襲撃でスーパーマーケットで18人死亡、ここ数週間でウクライナが経験した最悪の襲撃

ハリコフ:ロシアによる襲撃でスーパーマーケットで18人死亡、ここ数週間でウクライナが経験した最悪の襲撃



CNN

死者の中には12歳の少女を含む18人が含まれていた ロシアのストライキ 週末にハリコフのスーパーマーケットが標的となった攻撃で、ウクライナがここ数週間で受けた最悪の攻撃となったと地域当局者らは述べた。

ハリコフ州軍事行政長官オレフ・シニョポフ氏は月曜日、依然として5人が行方不明であると述べた。 同氏は、エピセンター・ハイパーマーケット・ショッピングセンターの建物を襲った襲撃で48人が負傷し、中には200人近くがいたと述べた。

ハリコフロシアとの国境近くに位置するウクライナ第二の都市は、ここ数週間でロシアによる攻撃の波に見舞われている。

攻撃の瞬間を捉えた防犯カメラの映像には、建物が衝撃で揺れ、現場全体が即座に濃い煙と炎に包まれた様子が映っていた。 警察と目撃者は少なくとも2回の爆発があったと証言した。

エピセンター・ショッピングセンターのディレクター、オレクサンドル・ルツェンコ氏は、2度の爆発当時、2階のオフィスにいたと語った。

同氏は電話でCNNに対し、「避難口に向かう廊下を歩き始めたが、辺りは暗く、廊下全体が埃に覆われ、息をする空気がなかった」と語った。

「スタッフも去ろうとしていました。誰もが手探りし、つかみ合いをしていました。天井が落ちる音が聞こえました。」

外に出るとすぐに、スーパーマーケットが燃えているのが見えました。 辺り一面黒煙が立ち込め、息をするのも困難だった。 ルツェンコ氏は、窓から飛び降りる人もいると付け加えた。

ウクライナのイーホル・クリメンコ内務大臣は、攻撃後の数時間は「地獄のようなものだった」と述べ、消火活動に協力してくれたすべての人に感謝の意を表した。 襲撃後の店内の写真には、焼けた在庫と倒壊した壁など、建物が完全に廃墟と化しているのが写っている。

ウクライナ・カトリック大学は、死亡した12歳の少女はマリア・ミロネンコと呼ばれ、同研究所の学生だった母親のイリーナさんと一緒に襲撃で亡くなったとフェイスブックへの投稿で述べた。 彼女は、父親も負傷し、病院で治療を受けていると付け加えた。

ハリコフ地方警察の捜査部長セルヒイ・ポルヴィノフ氏は、爆発が起きた時、家族は買い物中だったと語った。 マリアさんの姉、ナディアさん(20)はその時一緒にいなかったが、マリアさんは父親が病院で見つかるまで死亡事件を知らなかった。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は今回のストライキを「残忍な攻撃」と非難し、「ロシアは、命を焼き、都市や村を破壊し、人々を分断し、戦争を通じて国境を消滅させるという、それを常態化させようとする人々によって運営されている」と述べた。

月曜日に公式訪問でスペインを訪れていたゼレンスキー氏は、ウクライナの同盟国に対し、防空体制を強化するよう求めた。

スペインのペドロ・サンチェス首相は月曜、マドリードでのゼレンスキー首相との会談で、「防空システムを強化」し、ウクライナ国民とインフラをロシアの攻撃から守ることを目的とした、ウクライナとの新たな10億8000万ドルの武器取引を発表した。

サンチェス氏は米国製の防空システムについて「われわれはパトリオット・ミサイルを送り込んでいる」と語った。 同氏はさらに、「ゼレンスキー氏はプラットフォームに対し、これらの計画を開始するよう要請し、我々が何台分のレオパルド戦車を提供できるか、そして何よりも弾薬を送付するつもりであると尋ねている。 [Ukrainian] 軍隊が必要だ。」

ゼレンスキー大統領は今月初めにスペインを訪問する予定だったが、ハリコフやウクライナの他の地域周辺でのロシアの攻撃を受けて訪問を延期した。 ハリコフは毎日激しい攻撃にさらされているため、この攻撃は続いているようだ。

アントニー・ブリンケン国務長官によると、米国は金曜日、「ハリコフ近郊でのロシアの攻撃を撃退するウクライナを支援する取り組み」の一環として、ウクライナに2億7500万ドルの軍事援助を送ると発表した。

米国のトップ外交官は、新たな援助には、同国北東部の主要都市へのロシアの進軍を撃退するために戦うウクライナ軍にとって「緊急に必要な能力が含まれている」と述べた。

新たな軍事援助のニュースは、オレクサンドル・シルシク軍司令官のオンラインコメントが、フランス軍事訓練官の到着が合意済みであることを示唆しているようだったことを受けて、ウクライナ国防省がフランス軍事訓練官が間もなくウクライナに到着するという期待を軽視した中で伝えられた。

シルスキー氏は両国国防相とのテレビ会議後、テレグラムに「ウクライナ軍人を訓練するためにウクライナに訓練官を派遣するというフランスの取り組みを歓迎する」と書いた。 「私はすでに、最初のフランス人コーチが私たちのトレーニングセンターを訪問し、インフラやスタッフについて知ることを可能にする書類に署名しました。」

チルスキーの声明は可能な日程については示さなかったが、フランスがウクライナとロシアの戦争へのNATO諸国の参加において非常に重要な転換となり得るものを行う準備ができていることを示しているようだった。

この感情をさらに強めるセルスキー氏は、「フランスの決意が他のパートナーをこの野心的なプロジェクトに参加させることになると信じている。私は大臣がフランス国民に提供している友好的な支援と、ロシアを撃退するためのウクライナへの軍事的・経済的支援に感謝した」と書いた。軍事侵略だ。」

その後、CNNへのコメントの中で、期待を下げ、おそらく主要な同盟国をなだめることを目的としたものと思われるコメントの中で、ウクライナ国防省は口調を和らげ、キエフはパリで会議が開催されて以来「外国人コーチをウクライナに迎える可能性について関心を表明していた」と述べた。パリ。 2月末。

「我々はこの問題についてフランスや他の国々と継続的に協議しており、決定が下された場合に前進するための内部事務作業を開始している」と短い声明は結んでいる。

フランス国防省もCNNへのコメントの中で、軍事訓練官に関して同様のメッセージを述べた。

「会議で議論されたすべてのプロジェクトと同様に、私たちはウクライナ国民の正確なニーズを理解するために引き続き協力していく」と声明には書かれている。

パリ会議で、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、キエフの西側同盟国がウクライナに軍隊を展開できる方法の1つとして軍事訓練官をウクライナに派遣するという考えを提唱した。

キエフではビクトリア・ブテンコ氏とダリア・タラソワ・マルキナ氏、パリではシャオフェイ・シュー氏による追加レポート

READ  カタルーニャ恩赦法に対するスペイン最大の抗議活動に17万人が参加