5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハインズ、日本での拠点拡大に伴い、大大阪のオリックス小屋を買収

ハインズ、日本での拠点拡大に伴い、大大阪のオリックス小屋を買収

大阪箕面物流は再生可能エネルギーをフル活用(画像:ハインズ)

ハインズは、非公開の価格でグレーター大阪の完全リース倉庫を取得しました。 この発表は、米国の開発者兼ファンドマネージャーが2週間以内に東京中心部のオフィスビルを購入したことを明らかにした後に行われた。

ヒューストンに本拠を置くハインズ社は木曜日、大阪ミニ物流の6万平方メートル(645,835平方フィート)の契約を3月に締結したと発表した。 リリースでは。 売主は特定されていないが、所有物 説明に当てはまります 日本のオリックス不動産が2022年に建設する4階建ての施設。

ハインズ氏は、完了した取引はアジア第2位の経済圏での拠点をさらに深め、成長するポートフォリオをさらに拡大するという同社のコミットメントを反映していると述べた。

同国のジョン・タナカ大統領は、「日本は世界の主要不動産市場の中で最も流動性が高く、金利が低い」と述べた。 「持続可能性と人材採用に対する雇用主の関心の高まりを反映して、テナントは立地の良い環境に優しいプレミアムビルに引き寄せられるため、引き続き需要が増加していると見ています。」

太陽系

日本で 3 番目に人口の多い都市の中心部から北に 25 キロメートル (15.5 マイル) に位置する大阪ミニ物流は、太陽光発電の屋根を含むすべての電力を再生可能エネルギーで賄っています。 オリックス不動産によると、建物の最低床面積は7,600平方メートルで、最大5人のテナントが入居可能だという。

ジョン・タナカ・ハインズジョン・タナカ・ハインズ

ジョン・タナカはハインズの日本のカントリー・プレジデントです

ミンティアンディは今月初め、ハインズが東京の賑やかな新宿区と渋谷区の間に位置する代々木に新しく建設されたゼニス南新宿オフィスビルを取得したと発表した。

市場関係者によると、ハインズ氏は先に三菱地所と三井住友ファイナンス&リースからプロジェクトを取得することで合意した後、12月にゼニス南新宿を買収した。 取引の財務詳細は明らかにされていない。

ハインズ氏は買収後の不動産賃貸の責任を負い、大和ハウスを所有する建築設計事務所ダイス・ネクストなどのテナントがすでに入居している。

「このような潜在力の高い資産をタイムリーに取得することは、当社の日本の成長戦略の一部です」と田中氏は述べた。 「賃貸、リノベーション、改修、再開発などの積極的な資産運用を通じて価値を創造してきました。」

名古屋処分

4月初旬、ハインズは名古屋港近くにある2倉庫物流センターを香港のプライベートエクイティ会社PAGに売却すると発表した。

ハインズさんが2021年11月に敷地を引き継いで建てたこの大きな小屋は、4階建てで21万8000平方メートル以上のスペースがある。 その倉庫の売却は建設完了後の3月に完了したが、より小さな既存の25,000平方メートルの倉庫の取引は昨年完了した。

米国の開発業者によると、土地統合の難しさによる日本の物流セクターの供給ボトルネックが、多層物流開発に対する高い需要を生み出しているという。

2023 年現在、家族経営のハインズは日本で住宅、産業、オフィス部門の 50 万平方メートルをカバーする 32 の不動産からなる 17 億ドルのポートフォリオを管理しています。 同社は東京、大阪、京都、横浜、名古屋、福岡にオフィスを構えています。

READ  日本の地震:重要な72時間の猶予期間が閉まる中、生存者を探す競争が続く