10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハイブリッドロケットの日本での記録的な高さ

学会


秋田県能代市、9月19日(ジジプレス)-日本の神川大学の研究者を含むチームによって開発されたハイブリッドロケットが日曜日に打ち上げられ、高度約10.7キロメートルに達した。 車両は、その低コストと安全性の利点のために主張されました。

ロケットは、日本の秋田県能代市沖の発射台から発射されました。 2013年のハイブリッドロケットの過去の記録的な高さは8.3キロメートルと推定されました。

ハイブリッドロケットは、可燃性の低いインパルスを動力源としているため、爆発や環境損傷のリスクを回避できます。 チームのロケットは、アクリロニトリルブタジエンスチレン樹脂を亜酸化窒素で燃焼させる方法を使用しています。

ロケットの高さは約4メートル、直径は約15センチ、重さは32キログラムです。 チームの以前のロケットは、最新のものより1メートル短かったが、6.2キロメートルの高さに達した。

チームは、日本の防衛大学校と東京の職人チームから技術支援を受け、オリンピックチームにポップレットを寄付しました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  禅と在宅勤務の芸術:日本のビルダーがミニオフィスキットを提供| 日本