12月 2, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハイアットは、北海道に初のハイアットセントリックホテルをオープンする予定です。

ハイアットホテルズコーポレーションは、NDTアーバンデベロップメントコーポレーションと管理契約を締結したことを発表しました。 ハイアットセントリック札幌

2024年にオープンする予定の、216室のホテルは、ハイアットセントリック銀座東京とハイアットセントリック金沢に続く、日本で3番目のハイアットセントリックホテルになります。 このホテルは、北海道で最初のハイアット中心のホテルとなり、アジア太平洋地域でのライフスタイルブランドポートフォリオの拡大にハイアットが注力していることを反映しています。

街の中心部という絶好のロケーションにあるハイアットセントリック札幌は、目の肥えたモダンな探検家にとって理想的な拠点です。 ホテルは、北海道で最も有名なランドマークの1つである、歴史的なアガレンガソーシャ(旧北海道庁舎)や、地元の人々に人気があり、さっぽろ雪などの主要なイベントが開催される街の有名な緑のオアシス、大通公園の近くにあります。 お祭り。 ホテルは地下鉄大通駅から地下通路を経由して徒歩数分、中心部に位置するJR札幌駅から徒歩10分です。

多くのアトラクションで知られる札幌は、冒険好きな日本人旅行者にも海外旅行者にも人気の場所です。 毎年冬になると、有名なさっぽろ雪まつりが開催され、雪像や氷のインスタレーション、スケートリンク、雪山、北海道ならではのグルメ料理など、世界中から訪れる人々を魅了します。 札幌はまた、島の素晴らしいスキーリゾート、リラックスできる温泉、美しい国立公園や山々への都会の玄関口でもあります。

ホテルは現在建設中の新しい26階建ての複合施設の一部になります。 ハイアットセントリックサッポロコンプレックスの最上階を占めるこのホテルは、パノラマの景色を望むモダンな宿泊施設、2つのダイニングアウトレット、宴会やイベント用の複数の多目的スペースを提供しています。

「日本で最も魅力的な目的地の1つである北海道にある最初のハイアットセントリックホテルで、NTT都市開発公社と協力できることを誇りに思います」と彼は語った。 ハイアットの副社長、サム・サカムラ-日本とミクロネシア

「日本で3番目のハイアット中心のホテルとして、ハイアットのライフスタイルブランドのプレゼンスを拡大し続け、市場や旅行者の多様なニーズに対応します。札幌の活気に満ちた文化、繁栄するフードシーン、北海道の壮大な景色を発見するゲストをお迎えすることを楽しみにしています。風景。」

NTT都市開発株式会社会長兼最高経営責任者辻上宏 「ハイアットセントリックホテルを札幌にお届けできることを嬉しく思います。特に歴史的中心部や市内の主要観光スポットに近い中心部にあります。札幌は日本で最も人気のある観光地の1つであり、札幌は札幌の中心です。ハイアットと協力してハイアットセントリック札幌に命を吹き込むことに興奮しており、この街に新たに加わったことで、現代の旅行者に選ばれる力をもたらすことを期待しています。

READ  83歳で、日本人は太平洋を一人で旅行するのに最も古いです