7月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ノルウェーの基金、日本企業の取締役全員が男性であることを拒否

この基金は現在15兆クローネ(1兆3,400億ドル)以上の価値があるが、多様性と男女平等を促進するために欧州と北米の企業に対する勧告を拒否している。

長く男性優位のビジネス界だった日本には猶予期間が与えられた。

同基金のガバナンス・コンプライアンス責任者、カリーヌ・スミス・イヘアナチョ氏は、「先進国市場では、日本企業が大きく後れを取っていたため、日本企業に反対票を投じることはしなかった。本当に多数の企業に打撃を与えていただろう」と述べた。 とAFPに語った。

2021年にこの基金は日本企業に「2年間の改善」を与えたと同氏は付け加えた。

日本の女性は高学歴ですが、ビジネス界や政界で高い地位に就いている人はほとんどいません。

経済紙日経によると、日本企業の役員に占める女性の割合はわずか10%だという。

イヘアナチョ氏は6月、「今年は取締役会に女性が1人もいない(日本)企業でも反対票を投じる予定で、投票シーズン前にそれを明確にする」と述べた。

昨年行われた勧告に基づくと、300社以上の日本企業が影響を受ける可能性がある。 同ファンドはすでに3月にエレクトロニクスグループ、キヤノンの会長任命に反対票を投じていた。

日本は米国に次いで同基金の単独投資先としては2番目に大きい。

同ファンドは総額570億ドル相当の日本企業1533社の株式を保有しており、2022年末時点で全保有株の4.9%に相当する。

6月24~25日に男女平等に関する主要7カ国会議を主催するこのアジアの国は、取締役会の役職に占める女性の数を2030年までに30パーセントに増やすことを約束した。

これは、2021 年にファンドによって発行された多様性文書に定められた最低レベルと同じです。

同基金は昨年、男女平等政策を理由に米国と欧州での171件の勧告に反対票を投じた。

ヴィクトリアズ・シークレットは男性が参加しないため、下着業界では異例のイベントだ。

READ  ベトナムの日本への輸出が増加