4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ノイダに「韓国人」と「日本人」の街が間もなく登場 | ノイダニュース

ノイダに「韓国人」と「日本人」の街が間もなく登場 | ノイダニュース

ノイダ:ヤムナ高速道路産業開発局(YEIDA)は、「日本」と「韓国」の工業都市に2つのセクターを割り当て、これら両国の企業が電子機器製造部門を設立することを決定した。

「日本都市」はヤムナ高速道路のセクター5Aに395ヘクタールを取得して誕生するが、「韓国都市」はセクター4Aの365ヘクタールに設立される。 10 km 離れたジャワハルにあるノイダ国際空港へのアクセスは、接続性の点でこれら両方のプロジェクトを後押しすると期待されています。 同当局のアルン・ヴィル・シン最高経営責任者(CEO)は、2つのエレクトロニクスハブにはチップ、半導体、AI機器、カメラを製造する企業が拠点を置くことになると述べた。

土地代と印紙税の免除が「日本」と「韓国」の都市への道を開く
これらの都市には、日本と韓国といった外国からの会社員向けの住居も設置される予定だ。 同氏はさらに、「そこに滞在する日本人と韓国人は、住宅、学校、病院、その他の必要な施設を自給自足することが計画されている」と付け加えた。

2つの都市を設立する決定は、昨年のUPグローバル・インベスターズ・サミットに先立った日本と韓国の投資家との会合中に行われた。 次の数カ月にわたって、いくつかの代表団が飛行機で到着し、計画についての議論を行った。

当局者らによると、昨年、一部の日本企業の代表者がイウェ市の産業部門を訪問した。 敷地を調査し、土壌検査を実施した後、企業はその地域への投資に興味を示しました。

当局者らは、土地代や印紙税、その他の奨励金の免除を含む昨年10月の州政府のFDI政策により、新たな工業都市設立への道がさらに開かれたと述べた。

OSD代理のシャイレンドラ・バティア氏は、これらのセクターの土地利用は混在しており、70%が第一次産業用、13%が商業用に確保されると述べた。 さらに、総土地区画の10%が住宅用に、5%が病院、学校、大学などの施設用に確保されます。 残りの2%は他の施設の改善に使用されます。

拡大する


「活気ある経済に必要な最新の設備をすべて備えた、繁栄したエコシステムがここに来るだろう」とバティア氏は付け加えた。

両都市は25億4400万ルピーをかけて改修される見通しだ。 同委員会は現在、プロジェクト費用の50%の無利子融資を求める書簡を州政府に送っている。 州政府はすでに約3,300億ルピーを2回に分けて同委員会に融資している。

同委員会は、土地プロジェクトからの収入や、土地取得手続きを完了するための銀行からの融資などから、今後数年間に生じる利益の一部を支払う計画だ。


READ  日本のSkylarkが非接触食品のロボットウェイターをリリース