2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ネタニヤフ首相、インテルが記録的な契約でイスラエルの工場に250億ドルを投資すると発言

ネタニヤフ首相、インテルが記録的な契約でイスラエルの工場に250億ドルを投資すると発言

[エルサレム 2日 ロイター] – イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は日曜日、米国の半導体メーカー、インテルがイスラエルの新工場に250億ドルを投じると述べ、同国への国際投資としては史上最大規模だと述べた。

イスラエル財務省は、キルヤット・ガットの工場は2027年に開設され、少なくとも2035年まで操業し、数千人を雇用する予定であると述べた。 この契約に基づき、インテルは現在の5%から引き上げられた7.5%の税率を支払うことになると同省は付け加えた。

同社のウェブサイトによると、インテルは50年近くイスラエルで事業を展開し、同国最大の雇用主、民間輸出業者、そして地元のエレクトロニクス・情報産業のリーダーに成長した。

インテルは2017年、先進運転支援システムを開発・発売するイスラエルのモービルアイ・グローバル社(MBLY.O)を150億ドルで買収した。 インテルは昨年モービルアイを発売した。

ネタニヤフ首相は閣僚へのテレビ演説でこの合意を発表し、「イスラエル経済にとって多大な成果、900億NIS(250億ドル)であり、イスラエルへの国際企業による史上最大の投資」であると説明した。

インテルは声明の中で、イスラエルでの事業が同社の世界的な成功において「重要な役割を果たした」と述べた。

「イスラエルでの製造能力を拡大するという当社の意図は、将来の製造ニーズを満たすという当社の取り組みによって推進されており、イスラエル政府の継続的な支援に感謝しています」と声明文には書かれている。

ダン・ウィリアムズとアリ・ラビノウィッツが執筆。 編集:ジェームズ・マッケンジー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  Oracle、Incyte、Lucid、Blue Bird、Hasbro、Johnson Controls、Centene などの通信事業者