4月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ニューヨークでのハリー王子とメーガン妃のパパラッチ・カーチェイスは「ほぼ悲惨」だと広報担当者が語る

ニューヨークでのハリー王子とメーガン妃のパパラッチ・カーチェイスは「ほぼ悲惨」だと広報担当者が語る

[ロンドン(ロイター)]ハリー王子とメーガン妃、母親がニューヨークでの授賞式に出席後、パパラッチらとの「悲惨に近いカーチェイス」に巻き込まれたと、英王子の報道官が水曜日に発表した。

広報担当者によると、この事故には窓ガラスが真っ黒になった6台の車が巻き込まれ、危険な運転をし、サセックス公爵夫妻とメーガン妃の母ドリア・ラグランドさんの命が危険にさらされたという。

「昨夜、サセックス公爵夫妻とラグランド夫人は、非常に攻撃的なパパラッチ集団による、ほとんど悲惨なカーチェイスに巻き込まれた」と広報担当者は声明で述べた。

「2時間以上続いたこの執拗な追跡により、道路上の他の運転手2名、歩行者1名、ニューヨーク市警察(NYPD)警察官2名を巻き込んだ多数のニアミスが発生した。」

夫婦は事故で動揺したが怪我はなかった。

王子は、1997年にパリでパパラッチの追跡から逃走中にリムジンが衝突し、死亡した母ダイアナ妃の死を自分のせいだと非難する押し付けがましいマスコミに対する怒りを長年口にしていた。

夫妻の広報担当者は、火曜日、マンハッタンのミッドタウンにあるジーグフェルド・ボールルームから出た後の追跡は、パパラッチによる歩道走行、赤信号無視、写真撮影中の運転などが含まれ、致命傷となる可能性があると述べた。

広報担当者によると、追跡に関与した人々は何度も警察官と対峙したという。

ニューヨーク市警察は、夫妻を保護する特別警備チームの支援を受けたと発表した。

ニューヨーク市警の報道官は「数人のパパラッチがいて、彼らの輸送を困難にさせた。サセックス公爵夫妻は目的地に到着したが、衝突、召喚、負傷、逮捕などの報告はない」と述べた。

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は、この事故でニューヨーク市警警察官2名が負傷したとの連絡を受けたと述べた。

「彼の母親がどのように亡くなったかを覚えていない人は多くないと思います」とアダムスさんは記者団に語った。 「そして、そのような追跡中に無実の傍観者を失うのは恐ろしいことですし、彼らにも何かが起こった可能性があります。」

彼は後で詳細な説明を受けるだろうと述べたが、2時間の高速追跡があったとは信じがたいと感じた。

「もし10分なら、ニューヨーク市では10分間の追跡は非常に危険だろう」とアダムス氏は語った。

メーガン妃の功績が称えられた授賞式の主催者であるミズ・フォー・ウィメン財団は、現時点でコメントを出していない。 バッキンガム宮殿もコメントを出していない。

「インパクトのある実践」

その後ソーシャルメディア上に公開された写真には、ニューヨークのタクシーの後部座席に座るハリー王子とメーガン妃、母親が写っており、広報担当者は「嫌がらせを終わらせるために必要な擁護とおとりの様子が少し垣間見えた」と述べた。

夫妻の広報担当者によると、夫妻は幼い子供2人とともにカリフォルニアに住んでおり、私邸に滞在していたが、ホストの安全を損ないたくないため、そこに戻らないことに決めたという。

「公人であることには国民の一定の関心が伴うが、決して誰かの安全を犠牲にするべきではない」と広報担当者は述べた。 「これらの画像の公開は、入手方法を考えると、関係者全員にとって危険な非常に侵入的な行為を助長するものです。」

ハリー王子は、母親が受けた仕打ちや自身の経験、特に幼い頃に受けた経験によってマスコミへの嫌悪感を隠さなかった。

回想録『スピア』や夫妻のNetflixドキュメンタリーシリーズ、テレビインタビューの中で、彼はイギリスのタブロイド紙が彼と家族のプライバシーを侵害していることを批判しており、それが彼とメーガン妃が2020年に王室の役割を辞任し、王室に移った主な理由の一つとなった。アメリカ。

王子は現在、ロンドンで複数の裁判に参加しており、そこでは新聞社が王子とその家族を標的にするために違法な手段を使ったとして告発している。 新聞社は同氏の主張をほぼすべて拒否しているが、先週、ある出版社は2004年に同氏に関する情報を違法に求めたことを謝罪した。

同氏はまた、英国滞在中の警察による特殊保護を撤回するという英国政府の決定を覆そうとしている。

(マイク・ホールデンによるレポート、ウィリアム・ジェームスによる執筆)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  パリス・ヒルトン、生まれたばかりの息子の名前を明かす