5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドバイでの日本の競馬のためのスーパーサタデー

3月26日土曜日、ドバイで、日本の馬は、所有者、コーチ、騎手が共有する卓越性への共同の取り組みを通じて、彼らの才​​能を披露しました。

競馬のスターがちりばめられた日に、乙女競馬場で開催された9つのレースのうち8つは、高品質のスロットルの国際舞台を特色にしました。 唯一の例外:純粋なアラブ人のためのドバイカハイラクラシック。

日本の繁殖馬は4レースに勝ち、1レースでタイトルを共有しました。

2,000メートルのドバイワールドカップの乙女競馬場での1日を締めくくると、アメリカ人コーチのボブバッファートのカントリークレイマーがイタリアのフランキーテトリに乗り、ホットロッドチャーリーを10分10秒で破りました。 2月のサウジカップに続いて、カントリーグラマーは、9か月の一時解雇の後、行動に戻り、2位でフィニッシュしました。

日本のチュアウィザードは川田優香の指導の下で3位になりました。 1年前、大久保龍志監督のスタリオンは1200万ドル(14.6億円)のレースで2位に終わった。

テトリの最後のドバイワールドカップの勝利は、2006年にイベントのかつての本拠地であったアルシェバ競馬場で行われました。

「久しぶりですが、それだけの価値はあります」とテットーリは語った。 「これは私の4回目のドバイワールドカップ優勝ですが、メイデンで優勝したことはありません。」

クワダは「いい場所だ。去年は2位、今年は3位だったので、とても力強いレースで、とてもいい走りだった。今日は去年のパフォーマンスにマッチしていて、とても嬉しい。 。

2011年、ミルコテムロはネオユニヴァースのビクターピザ(2度のアメリカトリプルクラウン優勝者のサンデーサイレンスの息子)に乗ってドバイワールドカップで優勝しました。 住勝彦の訓練を受けたダークベイゴールドは、名誉あるレースに勝った最初の日本馬になりました。

土曜日の午後、1,600メートルのG2ゴドルフィンマイルでバドラトリヨンを皮切りに、合計22頭の日本馬がオクテットレースに出場しました。

やほきよしどコーチのエントリーが一番の挑戦でした。 酒井竜星はバーラトリヨンに乗って、デザートウィズダムに対して1:36.03秒で10ポイントの勝利を収めました。 嵐のダメージは3位にランクされました。

24歳の騎手はレースの終わりを見て喜んでいました。

「計画は前進し、より速く動くことです」と酒井は言いました。 「すべてがうまくいった、馬は続けた。彼は日本よりもここの土の表面を好んだと思う。矢保氏は世界で最高のトレーナーの一人だ。それは素晴らしい決断だった。

ヤホキは、レースの始まりが彼らの成功の秘訣の重要な要素であることに同意した。

「彼は非常に強力な先駆者であり、カーブをよく知っている」とヤホキ・バドラットはレオンについて語った。 「それで彼は良いスタートを切った、そして彼はプッシュし、そして彼はそれを整然と保つことができた。我々は我々の戦術を正しくした。

Lemaire、ステイフォリッシュのドバイゴールドカップ

JSTの午後8時20分に始まったゴドルフィンマイルの後、ドバイゴールドカップは約30分後に始まりました。 繰り返しになりますが、結果は日本のレーシング代表にとってより良いものでした。

フランスの騎手クリストフ・ルメールと日本中央競馬会サーキットの長年の優勝者である4歳のステイ・フーリッシュが力を合わせて、G2ドバイゴールドカップで3,200メートルの芝レースに勝ちます。

ヤホキがコーチを務めるStayFoolishは、3:19.64でIrishColdingManopoをハーフレングスで破りました。

ナヴォスケ・スカイン・ベロス・オロ監督、テムロ・ミルコが髪を取り、7位でフィニッシュした。

「彼はサウジアラビアほど速くは壊れませんでした [Arabia] だから私は良い馬の後ろにいましたが、中にいることができてうれしかったです」とレメールは後に記者団に語った。 「彼は大きなひねりを持っていなかった、私はジャガイモが終わったと思った、しかし結局彼はそれらを避けた。彼はどんなグループでも競争できると思う。 [race]どこにも。」

アルクォズスプリントでは、クリスチャンデムーロがラダザイオンで9位でフィニッシュし、斎藤隆監督が1,200mのG1レースに出場しました。 もう1頭の矢矧馬、エンチャイデンは12位でフィニッシュした。 アイルランドのRonanWhelanとCaseofYouが勝ちました。

アラブ首長国連邦ダービーでは、新谷浩一監督のクラウンプライドが20歳のサマーイズトゥモローを破り、1:59.76で1,900mを獲得しました。

この勝利で、オージー。 ケンタッキーダービーの資格を得た、ライヒザクラウンの3歳の息子であるジャッキーダミアンレーンライド。

「私はとても楽観的でした [600-meters remaining mark),” Lane commented in a post-race interview with reporters. “He just leveled out as I turned in about 300 [meters to go]。 心配し始めましたがいつ [Summer Is Tomorrow] 彼は疲れていましたが、そうではありませんでした。

16名の参加者のうち、日本のReva Homere(Lemaire)、Chekifu(Christian Temuro)、Compassion(William Buick)は、それぞれ6位、8位、11位でフィニッシュしました。

Tadhg O’Shea(8歳)は、8歳のスイスをG1ドバイゴールデンシャヒーンでミシガン州オカサのトレーニングを受けたチームであるRed Lee Jale(Yuga Kwada)に10ランで勝利させ、1:11.13にバーに到達しました。 。 これにより、スイスはレース史上最古の優勝者になりました。

安田隆之監督の愛の連鎖(酒井)は、1200メートルのダーティダッシュで4位に終わった。

レッドルゼルのパフォーマンスを評価したガバダは、それが「良い決断」であったことを喜んでいると語った。

ブラッドホース・コムによると、「彼は1200メートルのダッシュでフィールドの後ろを走りたい」と川田はコメントした。 「それは彼のスタイルであり、彼はここでも同じことをしました。彼のパフォーマンスはとても良かったのですが、結局はかけがえのないものではありませんでした。しかし、それは良い賭けでした。彼が行ってよかったです。

ロードノース、バンダラッサドバイターフでのデッドヒートフィニッシュ

テトリと吉田豊、そして彼らのライダーであるノース卿とバンダラッサは、ドバイの牧草地で記憶に残る戦いを繰り広げました。 500万ドル(609.5円)で、1,800メートルのレースはデッドヒートと宣言されました。 勝ち時間:1:45.77。

藤原秀樹監督のヴィン・デ・ガルド(フランス人マイケル・バルセロナ)が3位でフィニッシュし、勝者の後ろに鼻を突っ込んだ。

吉田は「馬からの走りは良かった。彼は私が彼に頼んだことをすべてやったが、結局は追いついただけだった。

世界規模での日本の競馬の台頭に文脈を加えながら、バンダラッサのコーチを務める矢保木は、その日の結果の重要性について話し合った。

「今日は運が良かったので、負けるとは思っていませんでした!」 ヤホキは記者団に語った。 「写真判定でこんなに待つなんて知らなかった。

「日本の競走馬の数は年々増加しているので、世界の舞台でそれを披露できることを非常に誇りに思います。」

スクラップ工場の親父がコーチを務めたドイツのシュネルマイスターでは、ルメールは14頭の競馬で8位でフィニッシュしました。

ドバイシーマクラシックの日本馬の五重奏

ドバイシマクラシックでは、15頭の馬の3分の1が日本で詰め込まれています:パワー(木村哲也コーチ)、グローリーヴァズ(大関知仁)、シャリアー(藤原)、ステラベロス(菅井信介)、ウベルレーベン(デスカ)。

クリスチャン・デムーロとシャリアーは2:26.88秒で2,410mを超え、600万ドル(7億3,140万円JBY)の高額賞を獲得し、首の長さでイブリを破った。

Power(Lemaire)は、次点の半分の長さで3位でフィニッシュしました。 Uberleben(レーン)が5位、Glory Vase(Christophe Soumillion)が8位、Stella Veloce(Mirco Demuro)が9位でした。

著者:Ed Odeven

ジャパンフォワードの8つをフォローする [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日、 [Odds and Evens] ここ 週、そしてツイッター @ Ed_odevenそして彼を見つける ジャパンフォワードのスポーツ専用サイトで、 Sportslook

READ  置物-日本の宮原は24歳の誕生日に引退を発表