7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドジャースは上腕三頭筋の引き締めで山本由伸をILに配置した

ドジャースは上腕三頭筋の引き締めで山本由伸をILに配置した

ロサンゼルス – ドジャースの右腕山本由伸は、腕の上腕三頭筋の張りのため、日曜日のカンザスシティ・ロイヤルズとの試合前に15日間の負傷者リストに入った。

25歳の山本は日曜日に検査を受け、負傷の重症度と回復スケジュールを決定する予定だと監督のデーブ・ロバーツが語った。

「彼は我々がまだ多くのことを学ぼうとしている選手であり、シーズンの最も重要な時期がまだ来ていないという事実に感謝している」とロバーツは語った。 「彼の健康は最も重要だ。したがって、積極的な姿勢をとって彼をILに入れるのが最も賢明なことのように思える。」

母国日本を離れ、史上最高額となる3億2500万ドルの12年契約を結んでメジャー1年目をプレーした山本は、6勝2敗、防御率2.92の成績を残している。

山本は土曜日に負けたカンザスシティ戦を2イニングで降板した。 同選手は試合後通訳を介して、前日木曜日のテキサス戦での先発予定が体調不良のため延期されたと語った。

また、土曜日のほとんどの間、張りは消えていたが、試合前のウォーミングアップ中に再び感じ始めたと彼は語った。

山本は6月7日のニューヨーク・ヤンキース戦で7回2安打を放った。 106球を投げ、4年連続の100球以上をマークした。

ロバーツ氏は山本の球数は承知しているとしながらも、山本が日本で投げていたときは120球以上を投げることに慣れていたことにも言及した。

水曜日のコロラド戦ではボビー・ミラーがローテーションに戻ったため、ドジャースの投手陣は依然として5人となる。 クレイトン・カーショーも今週、最初のリハビリを開始する予定だ。

ロサンゼルスのローテーションはメジャーで7番目に低い防御率3.49で日曜の試合に臨んだ。

ドジャースはまた、右肋間筋挫傷を患った右腕マイケル・グローブをILに配置した。 右腕のJP・フェイアイライゼンとマイケル・ピーターセンがトリプルAのオクラホマシティから招集された。 40人の名簿にピーターセンのスペースを空けるために、右腕ジョー・ケリーが60日間のILに移籍した。

READ  マクデイビッドは明らかな負傷でオイラーズの敗北を終わらせることができない