7月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドウェイン・ジョンソンが新作『ワイルド・スピード』でホッブズ役を再演

ドウェイン・ジョンソンが新作『ワイルド・スピード』でホッブズ役を再演

ドウェイン・ジョンソンが新作単独映画で「ワイルド・スピード」の世界に戻り、同シリーズでルーク・ホブス役を再演する。

ユニバーサル・ピクチャーズは木曜日にこのプロジェクトを発表した。 長年『ワイルド・スピード』の共同制作者であるクリス・モーガンが、タイトル未定の映画の脚本を書きました。 プロットの詳細は明らかになっていないが、契約に詳しい関係者によると、新しい映画は最近公開された映画「ファストX」の出来事を、2025年に予定されている次回作「ファストX:パートII」に結びつけるものになるという。ジョンソンはホッブズ役で登場したばかりだ。 「ファストX」のクレジットシーンに登場する外交保安局のエージェント。

ジョンソンはセブン・バックス制作のダニー・ガルシアとハイラム・ガルシアとともに、ワン・レース・フィルムズを通じてヴィン・ディーゼルとサマンサ・ヴィンセントとともに本作をプロデュースする。 その他のプロデューサーには、クリス モーガン プロダクションズのクリス モーガン、ロス/カーシェンバウム フィルムズのジェフ カーシェンバウム、オリジナル フィルムのニール モリッツが含まれます。

脚本家のモーガンは、『ワイルド・スピード プレゼント:ホブズ&ショー』と『ワイルド・スピード』の脚本と製作を担当した。 彼はまた、シリーズの 5 作目、6 作目、7 作目の脚本とプロデュースも担当しました。 ルイ・レテリエ監督の『ファストX』は、5月に3億2,000万ドルで全世界初公開第1位を記録し、2023年の世界公開第2位となった。

ジョンソン氏の代理人は、WME、Attorneys Gang、Tyre、Ramer、Brown & Passman、および The Lede Company です。

セブン・バックスは、ディズニーの「ジャングル・クルーズ」、DCスタジオの「ブラック・アダム」、DCの「リーグ・オブ・スーパーペット」などの映画に携わってきた。 オリジナル シリーズには、「Young Rock」や NBC の「The Titan Games」などがあります。 ジョンソン氏は今後、アマゾン・スタジオの「レッド・ワン」とディズニーの「モアナ」でプロデュースと主演を務めることになる。

READ  ジャニー喜多川氏:日本最大の音楽事務所が故創業者による性的暴行疑惑で謝罪