7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トレア・ターナー復帰、フィリーズはヨハン・ロハスをトリプルAに選出 – NBCスポーツ・フィラデルフィア

トレア・ターナー復帰、フィリーズはヨハン・ロハスをトリプルAに選出 – NBCスポーツ・フィラデルフィア

トレア・ターナーはハムストリングを肉離れした5月3日、6週間の戦列離脱が予想されると述べたが、それはまさに彼の戦列離脱期間だった。 彼は月曜日にフィリーズのアクティブロースターに戻り、ホームスタンド6試合で先発出場した。

ターナーは遊撃手としてフィリーズの打線に直接戻り、カイル・シュワーバーに次ぐ2番打者としての役割を再開する。

エジムンド・ソーサはターナー不在の間、攻守に非常に優れたプレーを見せ、33試合で打率.282/.342/.509、二塁打5本、三塁打4本、本塁打4本、17打点、22打点を記録した。 フィリーズは22勝11敗となった。

ターナーの復帰により、ソーサはスーパーサイドマンとしての役割に戻る。 彼はまた、フィリーズに左翼手または中堅手としてのもう一つの右打者の選択肢を与えるために、試合前のセッション中に外野での仕事も得る予定である。

フィルズはターナーをアクティブロスターに入れるという難しい決断に直面した。 犠牲者はトリプルAに選ばれたヨハン・ロハスだった。他の選択肢としてはクリスティアン・バチェかダビド・ダールを指名するという選択肢もあったかもしれないが、その場合どちらかの選手が他クラブに奪われてしまう可能性が高い。

ロハスはトリプルAで毎日プレーし、フィリーズがより攻撃的な火力を求めているため、大量のヒットを打たれることになる。 今シーズンは58試合に出場し、打率.235/打率.271/打率.295を記録した。 昨夏は59試合に出場し、打率.302/打率.342/打率.430を記録した。 彼はプレーオフで大奮闘し、フィリーズは彼がそこまでの攻撃力を発揮するとは期待していなかったが、196試合で彼が提供した以上のものを彼らは必要としている。

ロハスがいないフィリーズは、中堅にブランドン・マーシュとバッチェの小隊を形成し、左にホイット・メリフィールドとダールを配置することになるようだ。

READ  セント フランシス (ブルックリン) は NCAA DI アスレチック プログラムを中止します