12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トルコと日本のミュージシャンがコンサートで友情を祝う

その一環として 「バスカント文化街道フェスティバル」 文化観光省が主催した日本の「津波シンフォニー」は、トルコと日本の友情の魔法のようなリズムで首都を魅了しました。

向山征爾と木谷悦也の指揮でトルキエ初演の津波交響曲。 アンサンブルは、地震と津波の荒廃をテーマに焦点を当てました。

ソリストのナズレ・アルプテキンとバス・ハサン・アルプテキンの指揮の下、テュルキエの国営放送局TRTアンカラ・ラジオ・ポリフォニック・コーラス、ナレーターのハリド・ミスラクレと合唱指揮者のエルナラ・ケリモワが聴衆に楽しい時間を提供しました。

コンサートには、鈴木一浩日本大使をはじめ、在トルコ日本人、学生、外交官、芸術愛好家などが参加した。

鈴木一浩駐日大使は短いスピーチで日本とトルコの友好を強調しました。 このような出来事は私たちの歴史にとって非常に重要であり、私はそれが増加することを願っています.

日刊サバニュースレター

トルコ、地域、そして世界で何が起こっているかを常に把握してください。

グループからはいつでも脱退できます。 登録することにより、利用規約とプライバシー ポリシーに同意したことになります。 このサイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google のプライバシー ポリシーと利用規約が適用されます。

READ  日本のファンはワールドカップがアジアで再び開催されることを誇りに思っています。