7月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタ:日本の200万台以上の車両データが10年にわたる侵害で危険にさらされる

トヨタ:日本の200万台以上の車両データが10年にわたる侵害で危険にさらされる

トヨタの最も人気のあるオンラインサービスでの10年にわたるデータ侵害により、200万台以上の車両の一部情報が危険にさらされていると日本の自動車メーカーが金曜日に発表した。

広報担当の本間英樹氏によると、2012年1月から2023年4月まで、トヨタのクラウドベースのコネクテッドサービスの問題は日本国内の車両にのみ適用されるという。

コネクテッド サービスは、所有者にメンテナンス チェックとストリーミング エンターテイメントへのアクセスを通知し、緊急時の支援を提供します。 事故や盗難車の発見後は助けを求めてください。

これまでのところ、侵害による問題は報告されていません。

侵害の結果として情報が漏洩、コピー、または悪用されたという証拠はありませんが、危険にさらされているデータには次のものが含まれます。ナンバープレートとは別の車両識別番号。 車両の位置とそこにいた時間。 日本では「ドライブレコーダー」として知られる、車両によって撮影されたビデオ映像。

プリウスハイブリッドとレクサス高級モデルのメーカーであるトヨタ自動車株式会社によると、こうした情報は個人の所有者を特定するために使用されることはありません。

G-Link、G-Book、Connect ネットサービスのユーザーを含む約 215 万台の車両が影響を受けました。

トヨタの日本のコネクティッドサービス子会社が運営。 本間氏によると、こうした情報への外部からのアクセスは無効にすべきだったということに最近まで誰も気づかなかったという。

「国民の皆様にこのようなご迷惑をおかけして大変申し訳ございません」と述べた。

この問題は、品質と細部へのこだわりで評判を築いてきた日本のトップ自動車メーカーにとって、大きな恥ずべきことだ。

世界中の自動車メーカーは、購入者を惹きつけるために、最新のテクノロジーを搭載したモデルの差別化を図ろうと競い合っています。

本間氏によると、システムの問題は解決したため、コネクト対応車両を通常通り運転し続けても安全であり、修理に出す必要もないという。

___

影山ゆりさんのTwitterはこちら https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本は北朝鮮のスパイ衛星の破片を撃墜する準備をしている