5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタは4月に世界生産を17%削減する計画


ファイル画像:トヨタのロゴは、2021年4月19日に中国の上海で開催された上海モーターショーのメディアデーのブースに表示されます。 ロイター/アリーソング

東京(ロイター)-トヨタ自動車は4月に世界の生産目標を以前の計画から15万台減少させて75万台に削減し、半導体の不足とCOVID-19の流行が計画を食い止めたと自動車メーカーは木曜日に語った。

このニュースは、トヨタが4月、5月、6月に国内生産を最大20%削減し、チップやその他の部品の不足に苦しんでいるサプライヤーへの圧力を緩和すると発表した1週間後に発表されました。

同社は声明のなかで、「数ヶ月前に状況を予測することは依然として困難であり、現在の計画は下方修正される可能性が高い」と述べた。

トヨタは、4月から6月の期間の世界平均月間生産量は約80万台になると付け加えた。

トヨタの熊倉かすなり幹部は、世界の自動車生産は5月に10%、6月に5%減少すると述べた。

不足により、自動車メーカーは何度も生産計画を変更し、サプライヤーを失望させ、豊田章男社長に4月から6月の期間を「意図的な冷却」期間と呼ぶよう促しました。

持続的なチップ不足に加えて、トヨタは多くの課題に直面しています。

政府19に対する制裁により、長春市の北東部にある中国の第一汽車集団との合弁事業が停止されました。

自動車メーカーはまた、ロシアが「特別措置」と呼んでいるウクライナの侵略によって引き起こされた政治的不確実性の中で、ロシアの工場での停車のためのロジスティクス制裁を引用した。

これらの要因は4月から6月の世界的な生産計画には反映されておらず、トヨタはまだウクライナ危機の打撃を受けていないが、クマラは短期的および長期的なリスクを検討すると述べた。

(勝村真理子とスキヤマサトシによる報告、キム・ゴキルとクラレンス・フェルナンデスによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  北京オリンピックに先立ち、ウイグル人の権利決議を可決する日本議会