7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタは2021年に米国の販売リーダーとしてGMを追い抜く予定です


ファイル写真:2019年1月18日にインドのニューデリーで新しく発売されたカムリハイブリッド電気自動車の前面にあるトヨタのロゴ。 ロイター/ Anushree Fadnavis

デビッド・シェパードソン

ワシントン(ロイター)-日本の自動車メーカーであるトヨタ自動車は、デトロイトの自動車メーカーが米国の自動車販売を主導したのは、1931年以来初めて2021年までに米国のゼネラルモーターズを追い抜く予定です。

2021年の最初の9か月で、トヨタは米国で186万台の自動車を販売しましたが、GMの178万台または80,000台以上の自動車を販売しました。 2020年を通して、GMの米国での売上高は、トヨタの211万台とフォードモーター社の204万台と比較して、合計255万台でした。

今年、自動車に広く使用されている半導体の不足が深刻化し、自動車メーカーはより収益性の高いモデルに集中することを余儀なくされています。

自動車メーカーは火曜日に2021年通年の米国の販売実績を発表する予定です。 業界リリースのオートモーティブニュースによると、GMは1931年以来、フォードに先駆けて米国で最大の自動車メーカーでした。

トヨタは期待される成果を誇りに思っていません。 ジャック・ホリス上級副社長は声明の中で、自動車メーカーは忠実な顧客に「感謝」しているが、「ナンバーワンであることは焦点でも優先事項でもない」と述べた。

GMのスポークスマン、ジム・カイン氏は、デトロイトの自動車メーカーは、利益を重視し、半導体の供給が改善するにつれて、売上高も増加したため、米国でフルサイズSUVとピックアップトラックの販売が最も多かったと語った。

「もし私(トヨタ)がそこにいたら、急いで立ち去ることはなかったでしょうし、 『We are No.1』のタトゥーを入れていただろう」と彼は言った。

GMは、CEOのメアリーバーラの下で、ヨーロッパやロシアなどの損失の多い市場を放棄し、ブロック全体の利益を強調しました。

エドモンズの自動車アナリスト、ジェシカ・コールドウェルは、「デトロイトの自動車メーカーが奇跡を明らかにしなければ、トヨタは2021年にGMより多くを売るだろう」と述べています。 しかし彼は、「これが長期的な変化を示す可能性は低い」と付け加え、GMはトヨタよりも多くのブランドを販売していると付け加えた。

Cox Automotive Forecastトヨタは、2021年を通じて米国でGMを超える販売を行う予定です。「トヨタは、年間を通じてタイトな在庫をうまく管理しています。」

業界全体では、2020年12月の米国の新車販売台数は2020年12月から32%減少しています。これは、政府の大流行の最初の波で国がほぼ閉鎖された2020年5月以来の最も遅いペースです。

業界アナリストは、2021年までに約1500万台の自動車が米国で販売されると推定しています。 2015年から2019年までの米国の自動車販売台数は5年間の平均である1730万台未満になります。

IHS Markitの推定によると、米国の販売台数は2022年までに約1550万台に達すると予想されており、2021年までに推定された1510万台から2.6%増加しています。

車の購入者は、価格が劇的に上昇しているのを見てきました。 エドモンズ氏によると、新車の平均取引価格は、2020年11月の39,984ドルから​​、11月には45,872ドルと新たな記録を打ち立てた。 エドモンズは、中古車の価格が2022年に初めて30,000ドルを超えると予測しています。

IHS Markitは、2022年の世界の新車販売は3.7%増加して8,240万台近くになると予測していますが、2021年の世界の販売は2020年までに2.9%しか増加しないと予測しています。

(ワシントンのDavid Shepherdsonによる報告、Jonathan Odysseyによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  1970年代にワイルドスピードが日本のトラック運転手だったとしたら、このデコドラがスターになるでしょう。