4月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタは日本で過去20年間で最大の資金を調達した

トヨタは日本で過去20年間で最大の資金を調達した

トヨタは、日本の 68,000 人の組合員に約 20 年間で最大の賃上げを行い、生活費の上昇に対処するための賃上げを求める岸田文夫首相のキャンペーンを後押ししました。

日本最大の自動車メーカーであり、製造部門の先駆者である日本のこの動きは、過去 30 年間賃金が停滞している国で、他の企業にも追随するよう圧力をかけると予想されます。

トヨタの措置後、ホンダは、基本給と年功給を含む全体の給与を約 5% 引き上げるという組合の要求に完全に同意しました。

自動車メーカーによる賃上げは、ユニクロの親会社であるファーストリテイリング、ゲーム大手の任天堂、飲料グループのサントリーが一部従業員の賃上げを発表した後に行われた。

特に日本の生活費が数十年で見られなかったレベルに上昇したため、政府と組合からの企業に対する今年の賃金引き上げの圧力がかかっています。 インフレ率は 12 月に 4% に達し、41 年ぶりの速さでした。

トヨタは水曜日、基本給と年功序列に基づく昇給に対する労働組合の要求に完全に同意したと述べた。 自動車メーカーは、通常、過去数週間にわたって行われてきた交渉の初日に組合との合意に達し、その結果が業界全体の賃金上昇の勢いを高めるだろうと述べた. ホンダは、これが最速の支払いソリューションであると述べました。

「私たちは流通を促進する最前線にいます [of wealth] 自動車業界全体のために、私たち一人一人が懸命に取り組んでいます」と、4月に同社の最高経営責任者に就任する佐藤浩二氏は語った.

最高人事責任者に就任する予定の東貴典氏は、4月のオンライン会議で、「私たちは、業界の競争力を高めるために賃金を上げるために自分たちの役割を果たすことを決意している.

世界の投資家は、国内最大手企業による「Shundo」として知られる春季賃金交渉を注意深く見守っています。 交渉の結果は、日銀が金利の正常化に向けた取り組みを開始するかどうかに影響します。

日本は、賃金、消費、物価の緩やかな上昇という好循環が欠如していることを理由に、何年にもわたって非常に緩和的な金融政策を運営してきました。

モルガン・スタンレーMUFG証券は、日本企業全体で行われた協議に基づいて、年功序列に与えられる年次昇給を除いて、基本給の平均昇給率は1.2%になると予想しています。

これは 1990 年代後半以来最大の上昇となるが、日銀がインフレ目標を維持するために必要だと述べている 3% の賃金上昇には及ばず、日本の労働組合総連合が要求する前年比 3% を大きく下回ることになる。毎年基本給が上がる。

多くのエコノミストは、今年の賃金上昇ペースが来年も続くことに懐疑的です。

現在の交渉には、大企業のみが関与しています。 労働力の 70% 以上を雇用し、エネルギーや原材料のコスト高に直面している中小企業にとって、賃金を上げることは特に困難です。

READ  エレン・ホワイトがチームGPを日本戦の勝者とのノックアウトに送ります| 東京オリンピック2020