5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタは依然として世界最大の自動車販売業者であり、VWのリードを拡大

経済



ファイル写真:2021年11月12日、インドネシアのジャカルタ近郊のタンゲランで開催されたインドネシア国際自動車ショーで、トヨタGRスープラの近くに人々が立っています。REUTERS/ Ajeng Dinar Ulfiana

東京(ロイター)-日本のトヨタ自動車は金曜日に、自動車販売が昨年10.1%増加し、2年連続で世界最大の自動車メーカーとなり、最も近いライバルであるドイツのフォルクスワーゲンAGをさらに上回ったと語った。

自動車メーカーによると、2021年の販売台数は、関連会社のダイハツ工業と日野自動車を含めて1,050万台。

これは、890万のhttps://www.reuters.com/business/autos-transportation/volkswagen-sees-81-sales-drop-2021-just-under-49-million-vehicles-2022-01-12と比較されます同期間のフォルクスワーゲンは、2020年より5%少なく、10年間で最低の売上高を記録しています。

コロナウイルスのパンデミックによるサプライチェーンの混乱により半導体が不足したため、自動車メーカーは生産量の削減を余儀なくされ、家電メーカー間の主要コンポーネントの競争が激化しています。

しかし、日本企業は、国内市場である日本とアジアの一部がヨーロッパよりも影響を受けていないため、他のほとんどの自動車メーカーよりもパンデミックを乗り越えてきました。

2月9日に第3四半期決算を発表したトヨタは、COVID-19に関連した混乱により、3月31日に終了する事業年度の生産目標である900万台を下回る可能性があると語った。

(ティム・ケリーと白木真希による報告、クラレンス・フェルナンデスによる編集)

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

日本
アジア
ヨーロッパ
ドイツ
上海
ロイター

READ  コビット規則を除いて国際的な学者を雇うための日本研究所