11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トヨタが日本で自動車のハードウェアとソフトウェアのアップデートサービスを開始



ファイル画像:2019年3月5日にスイスのジュネーブで開催された第89回ジュネーブ国際モーターショーに表示されたトヨタのロゴ。 ロイター/ピエールアルブイ

マギー白木

東京(ロイター)-トヨタ自動車は火曜日、顧客が車を長持ちさせるため、来年、車のカスタマイズとアップグレードサービスを開始すると発表した。

キントファクトリーと呼ばれるこのサービスは1月下旬に開始され、新しいセキュリティ機能、更新されたインテリア、自動車システムシステムのソフトウェアアップグレードを提供します。

トヨタは、自動車メーカーからサービス指向の「モビリティ企業」へと変貌を遂げようとしています。 この新サービスは、2019年に発売されたトヨタのKintoブランドの一部であり、カーシェアリングサービスを提供しています。

金東社長の小寺晋也社長は記者団に対し、安定のためには「車は健康な状態で長期間使用し、最終的には回収してリサイクルする」と述べた。

同氏はまた、同社は金東工場のサービスを海外に拡大することを検討すると述べた。

キントは、定額カーリースと保険を提供するキントの加入者数は、2年前の発売時の1,200から「予想よりわずかに少なかった」28,000に増加したと説明した。

(MackieShirakiとRockySwiftによるレポート、Kirsten Donovanによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アジア
東アジア
ヨーロッパ

READ  米国を拠点とするミシュランシェフと一緒に日本の持続可能なシーフードの進歩に投資する日本政府