12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トゥアサシェック、オールブラックスの日本戦先発に「興奮」

[10月28日 ロイター] – ロジャー・トゥアサ=シェックは、土曜日に東京で行われる日本戦でオールブラックスの初先発出場を果たしたことを大きな功績だと考えている。

29 歳の彼は、来年フランスで開催されるワールドカップに向けてニュージーランドのチームを作るために、2021 年末に多作なラグビー リーグのキャリアをあきらめました。

ニュージーランドでは今シーズン、彼がオールブラックスに十分に使われていないと感じている人もいますが、トゥアサ シェックは彼の進歩に満足しています。

「これは、今年の私の学習におけるもう 1 つの大きな章です」と、ネイビー キャル センターはスタッフ メディアに語っています。

「私はラグビーリーグからクロスオーバーしましたが、究極の夢は来年ワールドカップのメンバーになることです。

「今年召集されるのはボーナスです。テストマッチを始めることに興奮しています。できる限りの瞬間と機会を楽しみたいです。」

しかし、コードを変更するという彼の決定により、トゥアサシェックは、金曜日のラグビーリーグワールドカップリーズでのアイルランドとの衝突で、間違いなく彼の国のためにプレーするでしょう.

トゥアサシェクは、Covid パンデミックの最中にニュージーランド ウォリアーズ リーグのクラブがオーストラリアに移転したとき、それが 15 人のゲームを開催するための重要な要素であると述べました。

「リスクを冒して、ラグビーユニオンで運試しをしようと決めた」と彼は付け加えた。

「追いかけるワールドカップに並ぶことができてとてもうれしいです。それを追いかけて、家に帰って家族と一緒にいるつもりです。」

Tuasa-Shek は、土曜日に東京の国立競技場で開催された Brave Blossoms に対して、Braden Noor とのその場しのぎのセンター パートナーシップで 3 度目のキャップを獲得しました。

彼は、オールブラックスに勝ったことのない日本がボウリングをすることを期待しており、ニュージーランドのシーズン終了ツアーの最初の試合で彼の仕事が彼らのためにカットされることは間違いありません.

「私の最大の強みは、選手を 1 対 1 で打ち負かし、ボールを前に出し、ペースを上げることです」と彼は言いました。

ニック・マルヴァニーによる報告、アンドリュー・カウソーンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の天皇は、新年のメッセージで疫病で亡くなった人々のために祈っています