10月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

デルタ航空は、「渡航制限の緩和を見越して」日本と米国間のフライトを追加しています。

東京で最も便利な空港に新たなフライトと新しいルートが追加されます.

東京エリアには成田と2つの国際空港があります 羽田. ただし、選択肢があれば、どの旅行者も羽田経由のフライトを好むでしょう。 それは、羽田が実際には東京市の境界内にあり、市の中心部をマークする山手環状線から電車で 30 分の場所にあるためです。 一方、成田は実は東京の東に隣接する千葉県にあり、羽田から都心まで電車で 1 時間かかり、10 倍の料金がかかります。成田からダウンタ​​ウンまでの所要時間は約 2 時間です。

これは旅行者にとって朗報です デルタ と発表した これにより、羽田と米国間の直行便の数が増えるだけでなく、年末までに両国間の旅客数が大幅に増加すると予想されるため、新しいルートが追加されます。.

Deltaのプレスリリース引用 「渡航制限緩和への期待」 なぜでしょうか? 羽田-ロサンゼルスLAX直行便の再開について. デルタ航空は 10 月 31 日より、この路線を週 3 便運航します。LAX を水、金、日曜の午前 9 時 45 分に出発し、翌日の午後 3 時 10 分に日本に到着し、羽田を 4 時に出発します。月・木・土は午後50時、当日は午前10時着。

▼日本からカリフォルニアへの飛行は、人類がこれまでタイムトラベルに来たのと同じくらい近いです。

デルタ航空は、12 月 1 日から羽田 – ロサンゼルス間の毎日のフライトを開始します。 羽田とシアトル、デトロイトとアトランタの間ですでに運航されているフライトの周波数が上がります。10月30日から毎日運行されます。 ついに12月2日、 羽田―ホノルル線が就航します毎日フライトあり。

デルタ航空は、「旅行制限の緩和を期待するよりも」具体的な理由を明らかにしていませんが、言及する価値はあります. 日本の市民と居住者は、すでに日本と米国の間を多かれ少なかれ自由に旅行することができますデルタ航空は、年末までに外国人旅行者の日本への入国を制限する待望の措置を緩和する動きを期待しています。

ソース: 広報タイムズ 経由 ITメディア
トップ画像:PRタイムズ
画像を挿入: バグダソ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!

READ  ヘリポートの上を移動、日本は空飛ぶ車をホストできる超高層ビルに「着陸パッド」を建設中