10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

テニス-大阪のタイトルは、防衛と潜在的な党の対立に向けて順調に進んでいます

スディプト・ガングリー

メルボルン(ロイター)-ディフェンディングチャンピオンの大坂なおみは、第2セットでアメリカのマディソンフランクリンを6-0、6-4で破った後、全豪オープンの第3ラウンドに進んだ。 トップランクのアッシュパーティーとのラウンドクラッシュ。

2019年にメルボルンパークのタイトルを獲得した24歳の日本人は、次にオーストラリアの党との第16ラウンドを待つことができた60位のアメリカ人アマンダアニシモワと対戦します。

ロッド・レーバー・アリーナでの第2ラウンド6-1 6-1の早い段階で、パーティーは予選通過者のルシア・ブロンセッティを破り、次にイタリアのカミラ・ジョルジと対戦しました。

アグレッシブな大阪はブレークポイントなしで好成績を収めたため、フランクルは最初のセットでわずか9ポイントを獲得し、20分でセットを超えて力強く戻ってきました。 フランクが管理するセットで、大阪は13人の勝者をゼロにした。

彼の卓越したパフォーマンスは、ツイッターで冗談を言った元世界ナンバーワンのアンディ・マリーによって賞賛されました。

「プレイするとテレビが放送し、他の人が見ているとは思わないので、少し衝撃的です」と大阪は語った。

「それなら、確かにそうです。彼のような人に私のゲームについて話してもらうのは素晴らしいことでした。」

大阪は、オーストラリアのニック・キリオスとスペインのティーンエイジャーのカルロス・アルカラスの試合を含め、テレビで試合のいくつかを見ていると語った。

同じく54位にランクされた54歳のフランクは、ほとんどが大阪の支配を一から無力だと見た観客でした。

大阪の試合が突然落ちた第2セットの開始時に人々が彼の最初のサービスゲームの勝利を応援したとき、アメリカ人は大きな笑顔で両手を上げて、模擬のお祝いをしました。

大阪がゲームを軌道に戻そうとしたときに欲求不満で叫んだので、強制されていないバグ(オープニングセットでわずか9つ)が上昇し続けました。 フランクリンはすぐに大阪の止められないサーブを破り、4-3で進んだ。

しかし、サービスブレイクが大阪を持ち上げ、2度の全米オープン優勝者をコントロール下に戻し、65分後のセットで2回目のブレイクで勝利を確実にしたように見えました。

「これらは私がグランドスラムの試合でプレーしなければならない種類の試合であり、最も重要な時期に崩壊して反撃する方法を見つけなければならない」と大阪は語った。休憩。 サービス。

「私はその特定のサービスゲームでとても速かった、あなたは私が少し緊張したと言うかもしれない。私は実際にそれをするべきではなかったところに二重の間違いを犯した。

「でも、リターンゲームでそれを揺さぶろうとした。そこではうまくいったと思う。」

(Sudipto Gangulyによる報告、Christian Ratnetzによる編集)


テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-2022年1月19日日本の大坂なおみは、REUTERSのマディソンフランク/米国のローレンエリオットとの2回戦で反応します。

テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-2022年1月19日日本
テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-2022年1月19日日本の大坂なおみは、2回戦でREUTERSのマディソンブレングル/米国のローレンエリオットを演じます。

テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-米国のマディソンフランクリンは、2022年1月19日の日本との2回戦で活躍しました。
テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-米国のマディソンフランクルは、2022年1月19日の大坂なおみREUTERS /日本のローレンエリオットとの2回戦で活躍しました。

テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-2022年1月19日日本
テニス-全豪オープン-メルボルンパーク、オーストラリア、メルボルン-2022年1月19日日本の大坂なおみは、REUTERS /ジェームズコーリーの米国のマディソンフランクリンとの2回戦を行います。

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本のスターバックスのピンクの飲み物は違います