1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

テスラメガパック、巨大水素タンク:パナソニックの新しい気候工場

背景を急行列車が通り過ぎると、日本のパナソニックの草津工場で、液体​​水素タンクが太陽電池パネルと水素燃料電池の上にそびえ立っています。 テスラ メガパックの蓄電池と組み合わせると、水素と太陽エネルギーは、現場のエネファーム燃料電池プラントに電力を供給するのに十分な電力を供給することができます。

ティム・ホーンニャック

新幹線が時速 285 キロで走る中、パナソニックの川村典彦氏は日本の水素貯蔵タンクを見上げています。 高さ 14 メートルのこの建造物は、古都京都の外にある東海道新幹線の線路の上にそびえ立ち、多数のソーラー パネル、水素燃料電池、 テスラ メガパック蓄電池。 エネルギー源は、再生可能エネルギーのみを使用して、製造現場の一部に電力を供給するのに十分なジュースを生成できます。

「これは、日本で最大の水素消費サイトになる可能性があります」と、デバイス メーカーのスマート エネルギー システム事業部のマネージャーである川村氏は述べています。 「私たちは、年間 120 トンの水素の使用を見積もっています。将来、日本はますます多くの水素を製造および輸入するため、これは非常に適したタイプのプラントになるでしょう。」

滋賀県草津市にあるパナソニックの工場は、高速鉄道と高速道路の間にあり、52ヘクタールの広大な敷地を持っています。 1969年に冷蔵庫などを製造するために建てられたもので、第二次世界大戦の荒廃後、日本人が再建を望んだ、テレビ、洗濯機と並ぶ家電の「三宝」の1つです。

現在、プラントの一角には、4月に稼働を開始した持続可能エネルギーの実験施設であるH2きぼうフィールドがあります。 78,000 リットルの水素燃料タンク、99 個の 5 kW 燃料電池からなる 495 kW の水素燃料電池アレイ、最大の太陽光を取り込むために逆 V 字型に配置された 570 kW の 1,820 枚の太陽光発電パネル、および 1.1 メガワットのリチウムで構成されています。・イオンバッテリー収納。

H2きぼうフィールドの片側にある大型スクリーンには、燃料電池とソーラーパネルから生成された電力量がリアルタイムで表示されます: 259kW。 発電されるエネルギーの約80%が燃料電池で、残りが太陽光発電です。 パナソニックによると、この施設はオンサイトの燃料電池プラントのニーズを満たすのに十分な電力を生成し、最大容量は約 680 キロワット、年間使用量は約 2.7 ギガワットです。 パナソニックは、次世代の新しい持続可能なものづくりのモデルとなることができると信じています.

パナソニック インテリジェント エネルギー システム事業部 木下浩志氏 「脱炭素社会の実現に向けて、このソリューションを拡大したい」

495 kW の水素燃料電池アセンブリは、99 個の 5 kW 燃料電池で構成されています。 パナソニックは、100%再生可能エネルギーで稼働する工場で水素燃料電池を使用する世界初のサイトであると述べています。

ティム・ホーンニャック

AIを搭載したエネルギー管理システム(EMS)が、現場の発電を自動的に制御し、太陽光と水素を切り替えて、地元の電力会社から購入する電力量を削減します。 たとえば、晴れた夏の日に燃料電池プラントが 600 kW を必要とする場合、EMS はソーラー パネルを優先し、300 kW の太陽電池、200 kW の水素燃料電池、および 100 kW の蓄電池の組み合わせを決定します。 . ただし、曇りの日には、ソーラー コンポーネントが減少し、夜間に燃料電池によって充電される水素と蓄電池が強化される可能性があります。

デロイト トーマツ コンサルティングの気候変動およびエネルギー担当シニア マネージャーである大石隆智氏は、次のように述べています。 「これを行うには、パナソニックの例は理想的な電力システムに近いです。」

灰色の水素では、まだ完全に緑色ではありません

H2希望フィールドは完全に緑ではありません。 それは、大量の二酸化炭素を放出する可能性のあるプロセスで天然ガスから生成される、いわゆるグレイ水素に基づいています。 タンクローリーは、大阪から草津まで約80キロメートルの距離を、摂氏マイナス250度に冷却された液体の状態で冷却された2万リットルの水素を週に約1回輸送します。 日本は、水素を生産するために、再生可能エネルギーの供給量が多いオーストラリアのような国に依存してきました。 しかし、現地サプライヤーの岩谷産業が提携 シェブロン 今年初め、2026 年までにカリフォルニア州に 30 の水素燃料補給施設を建設するため、彼は大阪近郊に技術センターを開設しました。 グリーン水素製造、化石燃料を使用せずに作成されました。

採用を遅らせるもう 1 つの問題はコストです。 日本では電力は比較的高価ですが、現在、グリッドからの電力を使用するよりも水素プラントを稼働させる方がはるかに費用がかかりますが、同社は、供給と流通を改善するための日本の政府と産業界の努力により、コンポーネントがはるかに安くなると予想しています.

「うまくいけば、水素のコストが下がり、1立方メートルあたり約20円の水素が得られ、電力網と同等のコストを達成できるようになるでしょう」と川村氏は語った.

パナソニックはまた、2050年までにカーボンニュートラルを目指す日本の取り組みが、新エネルギー製品の需要を押し上げると予想しています。 草津燃料電池工場では、家庭用天然ガス燃料電池「エネファーム」を20万台以上生産。 2009 年に商用化されたセルは、天然ガスから水素を抽出し、酸素と熱を反応させて発電し、温水を貯蔵し、災害時には最大 500 ワットの非常用電力を 8 日間供給します。 昨年、商用ユーザー向けに純水素版の販売を開始した。 米国と欧州で燃料電池を販売したいのは、そこの政府が持っているからです 最も積極的な水素コスト削減策 日本から。 2021 年、米国エネルギー省は、10 年間でクリーンな水素のコストを 80% 削減して 1 キログラムあたり 1 ドルにすることを目的とした、いわゆる水素ショット プログラムを開始しました。

パナソニックは、他の企業や工場が同様の電力システムを採用することを望んでいるため、現時点でH2きぼうフィールドのサイズを拡大する予定はありません.

川村氏は、「今日では必ずしも経済的に意味をなさないかもしれませんが、水素のコストが下がったときに備えて、このようなことを始めたいと考えています。私たちのメッセージは、2030 年に 100% 再生可能エネルギーを実現したいのであれば、私たちはこのようなことから始めるべきです」今、2030年ではありません.

国際エネルギー機関の事務局長は、日本の原子力エネルギーのコースが逆転すると述べています
READ  バイデンが巨大な承認評価を獲得するにつれて、ホワイトハウスはインフレに基づいて行動するように動きます