5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ティー・ヒギンズは今シーズンベンガルズでプレーする予定

ティー・ヒギンズは今シーズンベンガルズでプレーする予定

ベンガルズがレシーバーのティー・ヒギンズにフランチャイズタグを付けた後、彼はトレードを要求した。 1ヶ月経っても何も変わっていません。

しかしヒギンズは日曜、今季はベンガルズでプレーするつもりだと語った。

そう期待していますヒギンズ氏はWXIX-TVのチャーリー・クリフォード氏のビデオを通じてこう語った。 「私は、自分では思っていなかったほどシンシナティに対する愛情を抱くようになりました。 [I’m] 私たちはそれを楽しみにしています。」

ヒギンズとベンガルズは2年間話し合いを続けてきたが、長期的な合意には至らなかった。 彼らは7月15日東部時間午後4時までに新たな契約を交渉する必要がある。

1年間の完全保証されたフランチャイズタグはヒギンズに2180万ドルを支払うことになる。

セーフティのジェシー・ベッツは2022年にフランチャイズタッグでプレーし、2023年シーズンにファルコンズと4年総額6,402万ドルの契約を結び、昨シーズン初めてプロボウルの栄誉を獲得した。

今シーズンは8チームがこのフランチャイズタグを使用しており、その中にはヒギンズとバックスのセーフティであるアントワン・ウィンフィールド・ジュニアも含まれている。 まだ契約延長にサインしていない唯一の選手。

25歳のヒギンズは昨シーズン12試合に出場したが、肋骨骨折で4試合を欠場し、第18週にはハムストリングの問題で欠場した。 彼はパスキャッチ42回、656ヤード、タッチダウン5回を記録したが、いずれもキャリア最低だった。

ヒギンズは2021年と2022年に1,000ヤードのシーズンを過ごし、シンシナティでの4シーズンで257回のキャッチ、3,684ヤード、24回のタッチダウンを記録し、2020年の2巡目指名となった。

READ  ゲイリーペイトン2回目の怪我の最新情報:ゴールデンステートが決勝戦を行った場合、ウォリアーズガードはカムバックを除外しないと報告書は述べています