6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ツインズが7得点でカブスに勝利

ツインズが7得点でカブスに勝利

ミネアポリス – どうやら、これが平均値への正の回帰の様子のようです。

日曜のターゲット・フィールドではツインズが隅々まで野球ボールを投げ込んだため、土曜日の暴動が封印を破ったようだ。 ミネソタは3回に7点を奪い、8回にも7点を加え、どういうわけかさらに大爆発を起こして16対3の勝利を収め、ドジャースとのロードシリーズに向けて切望されていた攻撃の勢いを築いた。

ツインズの29ersがカブスに連勝中で、ターゲット・フィールドが2010年にオープンして以来、ターゲット・フィールドで行われた3連戦で最も多くの得点を記録したため、眠っていた打者は記録破りの方法で目覚めた。16得点と18三振は記録的であった。両方ともキャリアハイのシーズンとなり、先発メンバー9人全員がそれぞれ少なくとも1安打を記録した。

左翼手ジョーイ・ギャロは土曜日のツインズの11-1勝利について「昨日は明らかに自信がついただけだ」と語った。 「全員が良い気分だ。全員がヒットを打てる。全員がボールをドライブする。私は今日ここに来て、『また勝てるだろう』という感じだ」

また、ツインズがホーマーズをただ打ち負かしただけではないという点でも有望だった。 彼らは長いランを耐え、2アウトから13得点を記録した。 彼らは2回打って、2017年6月13日以来初めて1試合で7得点を挙げた。

ミネソタが依然として先発ローテーションを独占しているため、継続的な攻撃の浸透は、このチームに大きな出来事が待​​っていることを意味する可能性があります。 日曜日、ツインズの7人目の先発投手、ノースセントポール出身のルイス・ファーランドが今季6回6回1/3を投げ切り、ツインズの層の厚さを改めて印象的に示した。

そして、どうやら打線全体が一斉に、ツインズの打者が長期にわたる不振から立ち直りつつあるように見える。

「浮き沈みがあるだろう」とガロ氏は語った。 「屈辱を味わったからこそ、私たちは信じ続けた。ラインナップを見て、クラブを見回して、本当に良いチームを持っている。スイングできる。結果が出るときもあれば、出ないときもある。」

コーチングスタッフはギャロをキャリア初のポールポジションに据えて状況を好転させようとしたが、彼は連戦で大量ホームランで応えてきた――そして彼らは彼が退場した後も元気になると期待している彼は元気そうに見えた日曜日の試合のことを。 彼は7回に一塁線に飛び込む際に足をつねった。

土曜日に双子がバイロン・バクストンにリセットのため1日の休暇を与えた後、彼は4月30日以来となる2ストロークゲームで、それぞれ時速111マイルと時速94.7マイルのハードドライブで、26打数0安打の成績を収めた。

ロッコ・バルデリ監督は「彼は集中力があり、準備万端で、ヒットが出なかった日でも精神的にはとても良かった」と語った。 「でも時々、しばらくプレーしていた日に休みを取ると、ある意味で助けになる人もいるよ。」

本当に、その線を歩き続けることができます。

ニック・ゴードンは今シーズン出遅れたが、中堅の壁の最上部からの打点二塁打を含む悪打球を3本打ち取った。 ホルヘ・ポランコは34打数6安打と不振に陥ったが、最近の2試合では2ランと3ラン本塁打を打った。 クリスティアン・バスケスは4月27日以来の試合で28打数2安打のスライディングを記録した。

そして、トレバー・ラーナックは、キャリアのほとんどでピッチ外の投球に苦戦し、特にボールを集めるのに苦労した後、メジャー復帰2戦目でマーカス・ストローマンのスライダーを右翼席へ3点本塁打を打った。月の大部分。

ラーナックさんは「下山した後に偶然見つけたのだと思う」と語った。 「そこに何らかの決意があったとしても、余計なものは何もなかったと思います。自分の体のために数日かけて、自分に必要だと感じることに集中するようなものでした。」

シリーズの最初の試合の後、ツインズはボールを打ちすぎたように感じたという事実を嘆いたが、それでもチャンスを逃し、同じ接戦を何度も繰り返しているように見えた。 おそらく、いくつかの爆発的な勝利がさらなる扉を開くでしょう。

「5打数0点で全員を打ち負かすような男にはなりたくない」とギャロは語った。 「『私も自分の役割を果たしたい』と責任を感じます。ここ数試合はまさにそんな感じでした。」

READ  UEFAチャンピオンズリーグライブ:マンチェスターシティvsレアルマドリード