5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

チャールズ国王が公務に復帰

チャールズ国王が公務に復帰

  • ショーン・コーラン著
  • 王室特派員

写真にコメントして、 彼女は国王と王妃の笑顔の写真を投稿し、彼の健康について前向きなメッセージを添えた。

チャールズ国王は、がんと診断されて以来、初めて大規模な公務に臨む予定だ。

カミラ王夫妻は病院とがん専門センターを訪問し、スタッフや患者、進行中の研究活動への支援を公に示す予定だ。

国王は教会での復活祭のミサに出席する以外は、公のイベントや群衆を避けている。

しかし先週、バッキンガム宮殿は国王の健康についてより前向きなメッセージを伝える声明を発表した。

国王の医師らは、不特定の種類のがんの治療において「これまでの進歩に非常に勇気づけられた」という。

これは、彼が火曜日のがんセンターへの象徴的な訪問を皮切りに、公務への段階的な復帰を開始できることを意味する。

2月にがんと診断された国王の最近の個人的な経験は、病院訪問の意義をさらに高めることになるだろう。そこで国王は、患者やその家族、介護者に代わって職員らの努力に敬意を表することになるだろう。

この訪問は、がんの早期診断の重要性に対する意識を高めたいという国王の意向を継続することを目的としており、他の人々に健康診断を受けるよう促すことを期待して、今年初めに健康問題を公表するという国王の決定を受けて行われた。

また、病院で行われている革新的な技術やがん研究の一部を見学する機会もあります。

国王の健康に関する全体的なムードはより前向きになっているが、国王のがん治療は継続中であり、完了日はまだ発表されていないため、依然として慎重ながらも楽観的なムードが続いている。

しかし、同氏は6月下旬に日本の天皇皇后両陛下の国賓を迎えるのに十分な体調にあると予想されており、これも国家元首としての役割の一環である。

最近の回復期にも関わらず、国王は首相との私的な会談を定期的に開催するなど、憲法上の役割を継続した。

しかし、君主が今後数週間に行われるトゥルーピング・ザ・カラー、ガーデンパーティー、Dデイの祝典などの主要な王室行事に出席できるかどうかは依然として不透明だ。

メディカルコンサルテーションを経て、出場できるかどうかは近く決定される予定だが、回復が続くにつれて国王の夏のスケジュールは縮小または変更される可能性が高い。

READ  ボスニュース:トラヴィス・ケルシー、テイラー・スウィフトとの交際について沈黙を破る