5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ダンはむしろ、ある「単純な」理由でトランプ大統領を「強く」非難する

ダンはむしろ、ある「単純な」理由でトランプ大統領を「強く」非難する

元CBSニュースアンカーのダン・ラザー氏がその理由を説明した 強く反対 アイデア ドナルド・トランプ 彼は再びアメリカ合衆国大統領になった。

同ネットワークでの40年間、公民権運動、ベトナム戦争、ウォーターゲート事件、その他多くの重要な歴史的出来事を取材してきた同ジャーナリストは、その理由は政治的なものではないと説明した。

「何人かの人が、なぜ私がトランプにそんなに反対するのかと尋ねました」とラザー氏はXについて書いた。以前ツイッターで) 水曜日。 「はっきり言っておきますが、これは政治の話ではありません。私は両党に投票しました。」

さらに、「これは私のことだ。愛国者として、私は報道の自由を攻撃する不正行為、嘘つき、人種差別主義者、裏切り者、ファシスト、卑劣な男を拒否し、私が愛する国を率いていきたいと思っている」と語った。 「本当に簡単なことなんです。」

トランプ大統領に対して向けられた多くの国民の批判の中には、特にイースターに聖書を60ドルで販売するというトランプ大統領の最近の決定も含まれる。

アル・シャープトン牧師 疑問視されている イースターの説教や週末を通じて、トランプ大統領の聖書を使用した可能性のある牧師や説教者は誰でしょう。

同活動家はMSNBCの番組「モーニング・ジョー」の司会者に対し、「これがまさにそういうことであり、これが喧騒であるかのように行動しようとするなら、彼らは解雇されるべきだ」と語った。 「人々は、これが聖書を本当に信じている私たちにとってどれほど侮辱的であるかを理解する必要があります。彼は聖週間にこれを行っています。聖書を使いたいと思うのに、なぜ聖週間にそれをするのですか、そして彼は実際にそうしています」人々の顔に唾を吐きかける キリスト教徒の観点から、聖書を本当に信じている人はいるでしょうか?

「モーニング・ジョー」の司会者ジョー・スカボローは、キリスト教徒がトランプ大統領を崇拝し支持する偽善的な態度を指摘した。 彼はコミットすらしない 宗教の基本原理の一つである許しを通して。

「ドナルド・トランプが『私は何も間違ったことはしていない。彼を許す理由はない』と言うと、彼らは依然として整列して『ああ、彼はキリストの再臨だ』と言うのだ」とスカボロー氏は水曜日に語った。彼らは彼を崇拝していますが、彼は曲がっています。」

ポスト ダンはむしろ、ある「単純な」理由でトランプ大統領を「強く」非難する 最初に登場したのは 包む

READ  イランのライシ大統領:ヘリコプター墜落事故の捜査中、葬儀の日々が始まる