7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

タイトル 42 が終了した後、国境の町の何千人もの移民が次のステップを楽しみにしています

タイトル 42 が終了した後、国境の町の何千人もの移民が次のステップを楽しみにしています

サンディエゴ — ティファナとサンディエゴの間のアメリカ領地に今週誕生した広大な移民キャンプでは、不安と不確実性が増大する中でも、驚くべき秩序システムが出現した。

ガーナ、ソマリア、ケニア、ギニア、ナイジェリアからキャンプに参加しているアフリカ人たちは、背の高いソマリア人男性がリーダーの一人で、その日に必要な毛布、おむつ、生理用ナプキンの枚数を支援団体に連絡している。 アフガニスタン人、トルコ人、ハイチ人同様、コロンビア人にも独自の指導者がいます。

パンデミック時代の入国制限が木曜夜に終了した後、国境沿いの町で他の何千人もの移民と同じ監禁パターンに陥ったここのキャンプ住民は、ボランティアや国境警備隊が提供する不足した食料と水と戦わなければならなかった。

アメリカ側の援助従事者は金属棒を通って、トイレットペーパーのロール、クレメンタインオレンジの袋、水筒、歯ブラシの束を通過させます。

「ジャマイカから指揮官を呼んでもらえませんか!」 キャンプの援助活動員ザフラ・アルバレス・ロペスさんが金曜日に呼びかけた。

それは、日よけの帽子をかぶり、ピンクの絞り染めのシャツを着た女性で、壁から手を突き出していました。 ビーニー帽をかぶった別の女性は、梁に頬を完全に押し付けています。 「アフガニスタンから司令官を連れてこられるか!ロシア!」。

タイトル42として知られる入国制限の期限が切れる前に今週、何千人もの移民が国境に到着する中、各地で不満、絶望、立ち直りの感情が次々と表面化している。 そして、制限が終了してから数時間後の金曜日、待ち、不安、そして決意が次から次へと続いた。

ここ数日でリオグランデ川を渡った何千人もの移民が次に何をすべきかを議論している一方、さらに数千人がメキシコ北部で時間を過ごし、いつ、どのようにしてリオグランデ川を渡るかを理解しようとしている。

国境の町の当局者らも、政策変更がどのように起こるかを予測しようとして、不確実性に直面していた。

エルパソ市長のオスカー・レッサー氏は金曜日、記者団に対し、約1,800人の移民が木曜日に国境都市に入ったと語った。 「先週、私たちの近所にたくさんの人が来ているのを見ました」と彼は言いました。 しかし、一夜にしてタイトル 42 を調達して以来、「大きな数字は見られませんでした」と彼は言いました。

避難所運営者らは、渡った人々のほとんどがまだ米国政府による処理を受けているため、今後数日間に何が起こるかを判断するのは時期尚早であると報告している。 しかし、彼らはまた、交差点の最大のスパイクが通過した可能性があるとも述べた。

エルパソ地域の移民を支援する「受胎告知の家」のディレクター、ルーベン・ガルシア氏は語った。 同氏は「今後数日間に何が起こるかを見ていく必要がある。多くの変動要素がある」と述べた。

アリゾナ州ユマ郡のレオン・ウィルモット保安官は、金曜日にはその数は急増しなかったものの、タイトル42の終了までの数日間で国境警備隊員が約1,500人を逮捕したと当局者が述べた。タイトル 42 が施行された最後の日、彼らは約 4,000 人を収容していましたが、その人口は市で唯一指定されている慈善団体に負担をかけていました。 移民を助ける。

金曜日に数百人がユマの国境収容施設から解放されると、チャーターバスの隊列が非営利国境保健地域センターの駐車場に停まり、移民たちを空港またはフェニックスに運ぶのを待っていた。 何週間もの間、このグループは毎日約6台のバスを移民で満員にする。 約800人の移民を乗せたバス16台が金曜日に出発した。

ニューヨーク・タイムズ紙が入手した政府機関内部のデータによると、先週の数日では南部国境を不法に越えたとして1万1000人以上が逮捕され、国境警備隊が運営する拘留施設の収容能力が増加した。 過去2年間で約7,000人が 彼らは平凡な日に捕まった。 当局は8,000件以上の懸念が増加しているとみなしている。

事情に詳しい関係者によると、木曜日に国境警備隊に逮捕された不法入国者は1万人未満で、タイトル42が解除される前に大幅に増加したことが示唆された。

テキサス州マッカレンの避難所の外で、リギア・ガルシアさんは家族の次のステップについて熟考した。 彼女はついにリオグランデ川を渡ることができて大喜びしたが、米国に家族もお金もなく、彼らはメキシコとの国境沿いで他の何千人もの移民と同じ立場に置かれていることに気づいた。見知らぬ人たち。

カトリック慈善団体が運営する草が生い茂った避難所の近くで、生後6か月の息子ロエム君を抱いたベネズエラ移民のガルシアさん(31)は、「お金もなく、他に選択肢もないので、今すぐ助けを求めます」と語った。 「ここに来るのは多大な犠牲でした」と彼女は語り、夫と二人の子供を連れて中米のジャングルを通って、次にメキシコを通ってテキサスにたどり着いた経緯を語った。 「しかし、それだけの価値はありました。私たちはアメリカにいます。」

何十年もの間、米国への入国を求める移民の大部分をメキシコ人と中米人が占めてきたが、ベネズエラ人はかつてないほど多くの南部国境を越えており、最近ではグアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルからの移民の数を圧倒している。 。

しかし、ベネズエラからの大規模移民は比較的新しい現象であるため、ベネズエラ人は米国で助けてくれる親戚や友人のネットワークを持たないことが多く、移民のガルシアさんのように着の身着のままで到着することが多い。マッカレン。

「私はこの仕事を45年以上続けています。ベネズエラ人のような人々にとって困難を感じたことはありません。なぜなら、彼らの多くは米国に受け入れてくれる人がいないからです」とガルシア氏は語った。エルパソで受胎告知の家を運営している。

一方、移民たちは情報を求めて争っていた。 オリネックス・カセウスさん(58歳)は金曜日の朝、テキサス州イーグルパスの国境を越えたピエドラス・ネグラスの歩道に妻と娘とともに座り込み、CBPアプリを使って難民申請の予約をしようとして何度も試みたが失敗していた。米国。 入国管理官。

「我々はすべてを合法的に行いたい」と、ハイチに壊滅的な被害をもたらした2010年の地震の後、ハイチからメキシコのプエブラに逃れたカソス氏は語った。 彼は、無事に乗り越えられればマイアミで新しい生活を送りたいと語った。 「しかし、もうすべてが時代遅れであり、ルールは常に変化しています」と彼は付け加えた。 「それは、私たちが待ち続けることを意味すると思います。」

サンディエゴとティファナの間にキャンプがあり、ここ数日ニーズと緊張が高まり始めている。 過去1週間で1000人近くが都市を隔てる一つの障壁を飛び越え、そのほとんどが米当局の手続きを待っている間、別の障壁の後ろで立ち往生した。 2 つの国境の壁の間の地域は厳密には米国の領土ですが、無人地帯とみなされます。

何百人もの人々が屋外で寝ていると夜は不快になるほど寒いため、最も要望の多いアイテムは毛布です。 しかし十分ではないため、ボランティアらは寄付を幼い子どものいる家庭に限定しようとしている。

木曜日の夕方、毛布が配布されていたとき、移民たちは、あるグループが幼い子供のいない人々のために毛布を運んでいるのだと思い、互いに叫び始めた。 援助関係者らが戦闘を鎮めるために介入した。

アメリカ友人奉仕委員会のボランティア、アドリアナ・ジャッソさんは、「人々は寒くて、お腹が空いていて、絶望的で、極貧で、神経質になっている」と語った。

金曜日の朝、密航業者にメキシコ側の壁の穴から誘導された後、ボロボロの青いジャケットを着たコロンビア人男性が家族とともにキャンプに到着した。 マイラー毛布でできたテントがキャンプ中に散らばり、土の上に横たわる移民の列を見て、食料や防水シートをどう確保すればよいのか分からなかった。

彼はアルバレス・ロペス夫人に物資の提供を求めた。 「イエスを探しに行って」と彼女は明らかに移民仲間のことを指して彼に言うと、彼は怒って立ち去った。 「そこにいるのはイエスだけだ」と彼は天を指して言った。

アイリーン・サリバンジャック・ヒーリー レポートの作成に貢献します。

READ  ドレスコードに対するイランの抗議がどのように国民の怒りを引き起こしたか