5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

タイガー・ウッズ、全米オープン出場の特別免除を受け入れる

タイガー・ウッズ、全米オープン出場の特別免除を受け入れる

メジャー15回優勝のタイガー・ウッズが、来月ノースカロライナ州パインハースト・リゾート・アンド・カントリークラブで開催される全米オープンに出場するための特別免除に同意したとUSGAが木曜日に発表した。

全米オープンで3度優勝しているウッズは、最後にこの大会を制覇したのは2008年である。彼にはマスターズと全米プロゴルフ選手権の生涯免除があり、これらのトーナメントの元優勝者として60歳になるまで全英オープンでプレーできるが、その免除は2008年に行われた。全米オープン 全米オープンは 2023 年に終了します。

ウッズがメジャー出場資格を逃したのは、アマチュアだった1996年の全米プロゴルフ選手権以来初めて。

第124回全米オープンは6月13日から16日までパインハーストコース2番で開催される。

「全米オープンである全米オープンは、私たちの競技において本当に特別なイベントであり、私のキャリアを決定づける助けとなった」とウッズは声明で述べた。 「この免除を受けることができて光栄です。そして今年の全米オープン、特に競技にとって非常に意味のあるパインハーストで出場する機会を得ることができて、これ以上に興奮することはありません。」

48歳のウッズは、全米ジュニアアマチュア3連覇(1991~93年)、全米ジュニアアマチュア3連覇(1994~96年)、そして2000年、2002年、2008年の全米オープンの計9回のUSGAチャンピオンシップで優勝している。

「全米オープンの物語はタイガー・ウッズなしには書けなかった」とUSTAのチーフ・トーナメント・オフィサー、ジョン・ボーデンハマー氏は声明で述べた。 「2000年のペブルビーチでの15ストローク勝利から、2008年のトーリーパインズでの感動的なレッグブレーク勝利まで、このトーナメントはタイガーがフィールドにいるときの方が単純に良く、試合での彼の功績がこの決断を容易にしたことは間違いない」私たちの特別免除委員会」

水曜日の番組「トゥデイ」のインタビューでウッズは、5月16~19日にケンタッキー州ルイビルのヴァルハラゴルフクラブで開催されるPGAチャンピオンシップを皮切りに、月に1回のイベントに出場したいとまだ望んでいると述べた。

全米オープンに続き、7月18日から21日までスコットランドのロイヤル・トルーン・ゴルフコースで全英オープン選手権が開催される。

「あと3か月はある」とウッズは語った。 「それで、私には3つのメジャーがあるので、それがすべてうまくいくことを願っています。」

先月、ウッズは24回連続カットでマスターズトーナメント記録を樹立し、フレッド・カッププルズ(1983~2007年)やゲーリー・プレーヤー(1959~1982年)と並んでいた記録を破った。

ウッズは先週末のオーガスタ・ナショナル戦で82勝77敗の成績を収め、選手中最下位に終わり、プロ大会の72ホールでのワーストスコアとなる16オーバー304でスコアを均した。

ウッズが最後に全米オープンに出場したのは、ニューヨーク州ママロネックのウイングド・フット・ゴルフクラブで出場権を逃した時だった。

READ  ジャイアンツのジョー・シェーン、ブライアン・ダブル、マイク・カフカらがオハイオ州立大学のプロデーに参加