7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

タイの市場火災で1,000頭以上の動物が死亡、鎮圧を求める声が高まるタイ

タイの市場火災で1,000頭以上の動物が死亡、鎮圧を求める声が高まるタイ

バンコクで最も有名な青空市場のペットエリアで火災が発生し、1,000頭以上の動物が死亡したことを受け、動物福祉の専門家らはタイでの野生動物の販売の取り締まりを求めた。

火曜日の早朝に発生し、チャトチャックの週末市場約1,300平方メートルを焼いた火災で、檻の中の子犬、子猫、魚、ヘビ、白鳥、オウム、ウサギが死亡したと伝えられている。

バンコク知事のチャドチャート・シティプント氏によると、火災の原因は調査中であるという。

警察のファドゥン・オンフォ警部は、約118の店舗が焼かれ、初期調査の結果、火災の原因は漏電であることが判明したと述べた。

この市場は東南アジア最大の市場の 1 つで、植物や陶磁器から食料品や衣料品に至るまであらゆるものを販売する店に世界中から観光客が集まります。

ペットショップのオーナーが火災後の被害状況を調べる。 写真:サクシャイ・ラリット/AP

自然保護活動家らは、市場のペット部門が絶滅危惧種を販売し、劣悪な環境で動物を飼育していると非難している。 売り手は過去に法律違反を否定していた。

セーブ・エレファント財団の創設者レイク・シラート氏は、火曜日の火災は動物の世話と畜産業の規制を改善する必要性を浮き彫りにしていると語った。 「これらの動物たちがどのようにしてこのような過酷な環境に置かれたのか、私たちは不思議に思う必要があります」と彼女は声明で述べた。

「私は政府に対し、透明性を持って対応し、市場での野生動物の繁殖と販売を規制する措置を講じるよう求めます。国際動物取引を管理し、タイの動物福祉を保護するための明確な法律が必要です」と彼女は述べた。

火災後に破壊された動物の檻。 写真撮影:チャリーニ・ティラスバ/ロイター

フレンズ・オブ・ワイルドライフの創設者でディレクターのエドウィン・ウェイク氏は、この市場は「バンコク市の恥」だと述べた。

「非常に長い間、非倫理的、そしてしばしば違法な動物の販売を続けてきた。私たちはバンコク市当局に今すぐ行動し、この場所での動物、特に野生動物の販売を阻止するよう求める」とウィック氏は述べた。

READ  BRICS閣僚は、このグループを西側諸国への対抗勢力として確立するために会合している