6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ソニーとバンジーは、買収が完了した後、フランチャイズの直接サービスセンターを設立します

ソニーとバンジーは、買収が完了した後、フランチャイズの直接サービスセンターを設立します

何かが失われました 先週のソニー投資家向けレポート、によって再び私たちの注意を引いた リセットは、買収目標であるバンジーを達成するための同社の計画です。 取引はまだ成立していませんが、プラットフォームの所有者 年末までにインクが乾くと予想してください、およびの統合計画にすでに取り組んでいます 運命 デベロッパー。

さて、日本の巨人はスタジオの専門知識を利用して、ライブサービスゲームの進歩を支援したいと考えています。 一度に12人で働く予定 現在、PlayStation Studiosインフラストラクチャ内でこれらのゲームに独立して取り組んでいますが、約1年後に、Bungieのすべての知識をすべての運用に統合する予定です。

目標は、SIEライブサービスセンターオブエクセレンスと呼ばれる新しい内部部門を作成することです。この部門は、すべてのライブサービスアドレスを活用して、ベストプラクティスが考慮されるようにすることができます。 覚えておく価値があります バンジーはその独立性を維持します、そうなります 独自のゲームをリリースし続けます すべてのプラットフォームで、ソニーのライブサービスプロジェクトの背後にある哲学を形作る上でも積極的な役割を果たします。

興味深いことに、プラットフォームの所有者は、契約を締結してから3か月以内にBungieから学びたいと考えているため、Destinyゲームの形成と成長に役立った設計原則を大いに評価していることは明らかです。 最終的に、SIEライブサービスセンターオブエクセレンスは、アウトバウンドとインバウンドの両方のタイトルの現金化などの重要な側面を検討する任務を負います。

PlayStationファンベースの大部分がこの新しいライブサービスアプローチに非常に関心を持っていることは明らかですが、実際に発表されたゲームはないことを覚えておくことが重要です-それらは驚くべきものかもしれません。 ライブサービスのタイトルを維持することは悪名高いほど難しいので、それが彼らが彼らの旗を掲げようとしているビジネスモデルであるならば、会社は少なくとも物事を真剣に受け止めているようです。

READ  EldenRingは新しいmodで「スムーズな」協力を得ます