5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ディズニープラスオビ=ワン・ケノービのプレミアは2日間遅れます

ゼレンスキーは国連、ドイツ、フランスがブチャの放射性降下物でロシアの外交官を追放することに対処します:ライブアップデート

ドイツは、ブチャの虐殺、ドイツのアンナレーナ・バーボック外相の後に、「多数の」ロシアの外交官を追放するでしょう。 発表 月曜日に。

バーボック氏は、「ボーシャの写真は、ロシアの指導者とその宣伝に従う人々の信じられないほどの残忍さ、すべての国境を越えた絶滅の意志を証明している」と述べた。

「それで、今日、連邦政府は、私たちの自由とここドイツでの私たちの社会の結束に反対して毎日働いてきたロシア大使館の多数のメンバーをペルソナノングラタとして宣言することを決定しました。」

また、ドイツが他のヨーロッパ諸国と協力して、ロシアに対する既存の制裁を強化していることも発表しました。

ウクライナの当局者は、7つの人道回廊が本日開通すると述べた

ウクライナの副首相イリーナVerychuk 彼は火曜日に、マリウポリとロシアが支配するベルジャンシクからの避難を支援するために、7つの人道回廊が開かれると述べた。

マリウポリとベルジャンスクの住民は、自分の交通手段でザポリージャに向けて出発することができます。また、ザポリージャ地域のトクマク市とルハンシク地域のセベロドネツク、リシチャンシク、ポパスナ、ヒルスケの都市から車線が開かれると、ベレシュチュクは書いています。電報。

Vereshchukは同じ投稿で次のように述べています ロシア軍
「誰もマリウポリに入ることを許可しない」、そしてロシア人はマリウポリの西にあるマヌーシュ集落で「赤十字国際委員会の代表を阻止した」。

AP通信はこのレポートに貢献しました。

英国は、ウクライナの軍隊が国の北部の「主要な地形」の支配を取り戻したと言います

英国国防省は火曜日に、「ウクライナ軍
彼らは、ロシアがその目的を確保する能力を否定し、ロシア軍にチェルニーヒウ周辺とキーウ北部の地域からの撤退を強いた後、ウクライナ北部の主要な地形の支配権を取り戻した。」

「ウクライナ北部から撤退するロシアの部隊の多くは、ウクライナ東部での作戦に再配備できるようになる前に、大幅な再装備と改修が必要になる可能性が高い」と彼女は付け加えた。

同省はまた、「新たに奪還された地域の一部で低レベルの戦闘が続く可能性が高いが、残りのロシア軍の撤退により、今週中に大幅に減少するだろう」と述べた。

マリウポリでの人道回廊の開設:副首相

ロシアの軍事攻撃の中で、ウクライナの高官は、火曜日に7つの人道回廊がウクライナのマリウポリに開かれ、都市の残りの13万人の住民の一部を避難させます。

イリーナ・ベレシュク副首相は電報で、7つの車線で住民をザポリージャ(マリウポリの北西約140マイル)に移動させることができると述べた。

「そのリーダーシップの約束にもかかわらず、占領軍は誰もマリウポリに旅行することを許可していません」と彼女はポストで言いました。

「 [Russian] 彼女は、占領者が満洲の赤十字国際委員会の代表を阻止したと付け加えた。

詳細はこちら: マリウポリの住民を避難させるために7つの人道回廊が開かれました:副首相

ウクライナ軍はロシアの侵略の荒廃を示しています:ビデオ

4月5日現在のロシアの軍事的損失:報告

165人の子供が殺された:ウクライナ外務省

Sumyで見つかったより多くの民間団体、拷問の証拠:報告

スームィ州知事のDmytroZevitskyは、ウクライナ軍がスームィ州を取り戻している間に、少なくとも3つの民間人の遺体が見つかったと述べた。 彼は、遺体には拷問の証拠があると述べた。

「今日はとても忙しい日でしたが、戦争の日でした」とザイビツキーは言いました。 「私たちは、私たちの土地から廃棄物の残骸をきれいにし続けています。」

「私たちの防衛、軍隊、ボランティア、医師、私たちの地域の回復に取り組んでいるスームィ地域のすべての住民に感謝します!」 彼が追加した。

ウクライナ:ロシアは勝つと思っていましたが、私たちは「彼らに地獄への切符を与えました」。

翻訳:「彼らは私たちの同情を殺したが、私たちは怒りを覚えた。これらのロシアの死刑執行人は、略奪された「贈り物」の袋と彼らが私たちの人々をどのように嘲笑したかについての物語で勝利を収めることを夢見ている。

「しかし、ウクライナのSSOが最初に彼らのところにやって来ました。そして、私たちは彼らに地獄へのチケットを渡しました。」

ウクライナ全土でサイレンが鳴る:レポート

フランスは、ブーシャ虐殺後、「数人の」ロシア外交官を追放する

フランスは、ウクライナの町ブチャでの虐殺に続いて、「数人の」ロシアの外交官を追放している。

外務・国際開発省の声明は、「フランスは今夜、外交特権の下でフランスに配属された数人のロシア人職員を追放することを決定した。その活動は私たちの安全保障上の利益に反している」と述べた。

「この行動はヨーロッパの運動の一部です。私たちの最初の責任は常にフランスとヨーロッパの市民の安全を確保することでした」と声明は続けました。

フランス通信社は、発表後、約35人の外交官が国外に追放されると報告した。

報告によると、月曜日の初め、フランスのエマニュエルマクロン大統領はロシアに対する追加の制裁を求めた。 ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンは後に、米国が同盟国と協力してさらなる制裁を課すと発表した。

ブッシュ大虐殺後、ゼレンスキーは安全保障理事会で演説する予定だった

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、火曜日にロシア軍が自国に対して犯した残虐行為の疑いについて、国連安全保障理事会の会合で演説する予定です。

英国の国連代表団の公式ツイッターアカウントは、次のスピーチをツイートし、「英国理事会議長国は、ロシアの戦争犯罪についての真実が確実に知られるようにする。プーチンの戦争が何であるかを明らかにする」とツイートした。

衛星画像によると、この発表は、ロシア軍が路上に民間人の遺体を残したとされるブチャを訪れた後に行われます。

ウクライナ当局は、最近ロシア軍から回収されたキエフ地域の町や都市で410人の民間人の遺体が発見されたと述べた。 ブチャでは、100人以上の民間人が集団墓地に埋葬されているのが発見されました。

クリック ここ 月曜日のライブ中継用。

READ  ロシアはヨーロッパと米国のガスプロムユニットに制裁を課し、パイプラインの部分的な所有者です