7月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

セリーナウィリアムズがワイルドカードを渡してウィンブルドンに戻る

セリーナウィリアムズがワイルドカードを渡してウィンブルドンに戻る

火曜日のウィンブルドンからの発表によると、ウィリアムズは女子シングルスのイベントに出場する予定です。

アメリカ人はまた、次のニュースをほのめかしました:「SWとSW19」、ウィリアムズは書いた インスタグラム 火曜日。 「それは日付です。2022年、そこでお会いしましょう。」 SW19はロンドン南西部の郵便番号エリアであり、他の地区の中でもウィンブルドンが含まれています。

ソーシャルメディアへの投稿は、彼女が白いスニーカーを履いて芝生の上に立っていることを示していました。

ウィリアムズは、昨年のウィンブルドンでの第1ラウンドの試合で、怪我のために引退を余儀なくされて以来、プレーしていません。

23回のメインチャンピオンは2019年にウィンブルドン決勝に到達し、シモナハレプに敗れました。シモナハレプは現在、ウィリアムズの元コーチであるパトリックムラトグルーと協力しています。

ウィリアムズは来週イーストボーンのコートでLTAのロスセーインターナショナルにデビューします。そこで彼女はダブルスイベントでチュニジアの世界第4位のオンスジャバーに会い、大会によると、ほぼ1年でトーナメントに初出場します。 。

23回のグランドスラムチャンピオンであるセリーナウィリアムズは、女子テニスのヤギと広く見なされており、マーガレットコートの24回の記録を破ることを目指していると語っています。

「私は30か32(グランドスラムシングルスのタイトル)のようにいるべきだった」とウィリアムズは今年初めにCNNのクリスティアンアマンプールに語った。

「私は(記録を)持っていたはずだった、本当に、私はそれを手に入れる機会がたくさんあった。しかし、私はあきらめるつもりはない。」

ウィリアムズは、彼女の医療チームのアドバイスにより、1月に全豪オープンを欠場することを余儀なくされ、12月に「私が物理的に競争する必要のある場所」ではないと発表しました。

ウィンブルドンは、6月27日から7月10日までオールイングランドローンテニスアンドクロッケクラブで開催される予定です。

Jill Martin、Alicia Lloyd、ChristianAmanpourが報告に貢献しました。

READ  敗北した場合でも、デュークがKコーチに別れを告げる