7月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スペイン全土を豪雨が襲う中、マドリードの住民は屋内に留まるよう指示された

スペイン全土を豪雨が襲う中、マドリードの住民は屋内に留まるよう指示された

マドリード(ロイター) – マドリード市長は日曜日、首都がスペインの一部地域に大雨や暴風雨に影響を与えることに備え、すべての住民に自宅に留まるよう勧告した。

国立気象機関AEMETは日曜日、マドリッド地域、トレド県、カディス市に重大な危険の可能性を意味する赤色警報を発令した。

同氏は、マドリードでは12時間に1平方メートル当たり最大120リットルの雨が降る可能性があると述べた。

マドリードのホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダ市長は以前、ツイッターで「降雨量の記録が更新される異例かつ異常な状況のため、マドリードの住民には今日は自宅に留まるようお願いする」と投稿した。

日曜日の午後早く、暗い嵐の雲がマドリードに集まったが、多くの人はいつものように外に出ていた。

マドリード在住のマヌエル・ロロさん(42)は、「(非常警報は)良い考えだと思う。一番いいのは、今日は車を使わないことだ。6時には風が強くなるから、そうするよ」と語った。それを行う。” 早く家に帰りなさい。」

マドリードの救急サービスは住民にテキストメッセージを送り、洪水の危険性を警告し、車を使わないようアドバイスした。

スペインリーグは警戒のため、マドリードのワンダ・メトロポリターノ・スタジアムで行われた夜のアトレティコ・マドリード対セビージャの試合を中止した。

スペイン東海岸のタラゴナ州アルカナルでも、過去24時間に1平方メートル当たり215リットルの雨が降ったため、救急隊が洪水のため住民を自宅に閉じ込めた。

(エレナ・ロドリゲスとギレルモ・マルティネスによる報告 – アラビア報のためにムハンマドが作成)ジェシカ・ジョーンズによる執筆。 アンドリュー・コーソーン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ホワイトハウスは、ロシアがウクライナを侵略しない限り、バイデンは「原則として」プーチンに会うことに同意したと言います