4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スターバックスが中国で豚の角煮ラテを展開中、日本でも再現できるか検討中 – SoraNews24 -Japan News-

スターバックスが中国で豚の角煮ラテを展開中、日本でも再現できるか検討中 – SoraNews24 -Japan News-

コーヒーとベーコンは本当に言われているほど美味しいのでしょうか?

中国のスターバックスの顧客は、スターバックスのチェーンを購入できる世界で唯一の場所であるため、現在世界で最も羨望の的となっている顧客の一人です。 豚の角煮ラテ

珍しいドリンク登場 肉を食べる習慣がある旧正月を祝う限定メニュー。 中国でこのドリンクを試した記者が日本の朝の情報番組で「豚の脂の甘みとコーヒーの苦みがマッチする」と紹介され、ラテについての考えを改めて考えさせられました。

▼そこで、レポーターの砂後間正之さんが、ドリンクを再現するためにいくつかの材料を買いに行きました。

オンラインの画像によると、中国のこの飲み物は、スターバックス ラテの上にカリカリのベーコンが乗っているものです。

正貫さんはかぐに豚の角煮とスターバックス ラテの 2 つのメインメニューを食べていましたが、美しい滑りを逃していました。 しかし、スライスした豚肉はコーヒーに浸したりかき混ぜたりするためのものなので、そのままでも大丈夫だろうと彼は考えた。

一方、スターバックスの中国価格ポークラテは68元(1,421円)で販売されている。 [US$9.45])、正貫さんのカフェラテは447円、セブンイレブンの豚肉は429円で、合計費用は876円となった。

中国のポークラテは、エスプレッソとホットミルクにカレートンボ(豚バラ肉の煮込み)を組み合わせたものと言われており、後者は日本の豚の角煮「かぐに」の起源となっており、正貫氏のバージョンは限りなく近いものだった。 中国国外のオリジナル。 本物はすでに中国の多くの店舗で売り切れるほど美味しいといい、顧客からは「独特の味わい」「濃厚で滑らかな食感」が好評だという。

▼正貫さんのバージョンはどうですか?

▼まあ、彼の顔がすべてを物語っています。

▼正貫さんは自分の思いを一言でこう言いました。まったく味がしない」。

もちろん、このバージョンのドリンクはスターバックスの中国での公式バージョンと同じではないが、長年にわたってさまざまなフレーバーの組み合わせを経験してきた彼の味覚にとってさえ、衝撃的にまずかったと正貫氏は言う。

煮込みソースの甘さ それは非常に不快な形で彼の口の中に残り、他のすべての風味を打ち消してその存在を感じさせました。 正貫さんには、コーヒーと豚の角煮の組み合わせがどれほど良いものであるか想像できませんでした。

「豚脂の甘みとコーヒーの苦みがマッチする」という意見には反対だが、「独特の風味」があると言える。 その味が良いかどうかは個人的な意見かもしれませんが、正貫さんは、この飲み物が好きになってしまうことを避けるために、彼のように自分でバージョンを作らないことをお勧めします。 しかし、彼は、それが世界中のスターバックス支店で展開され、私たち全員がすぐに本物を試すことができるようになることを望んでいます。

写真©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そして ツイッター
[ Read in Japanese ]

READ  夏休み中のジャパンハウスロサンゼルス