7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スクエアマイルファンドセレクター: 日本で注目のファンド

スクエアマイルファンドセレクター: 日本で注目のファンド

Investment Association (IA) 日本部門は 103 のファンドで構成されています。 9月末にIA日本の中小企業部門が閉鎖されたため、2023年には増加したが、その一部はより大きなIA Japanカテゴリーに輸出された。

現在、このセクターには67のアクティブファンドと36のパッシブファンドがあります。 しかし、パッシブへの投資は引き続き急速に進んでおり、運用資産ではパッシブが優勢であり、セクターの約60%と上位10大戦略のうちの7つを占めています。

最近、日本セクターへの関心が高まっているが、これは通貨安の影響もあるが、日本がデフレ環境に移行しつつあることも影響している。

マクロの背景

インフレ率は1981年以来の水準となる4.2%に上昇しており、同国のデフレ問題が背景にあるようだ。 日本銀行の金融政策は、主に供給制約がインフレを促進するとの見方から、実質的に変更を続けた。 8年後、マイナス金利政策は廃止された。

米ドル/円のキャリートレードは魅力的であるものの、高インフレと西側諸国の迅速な対応により、日本通貨は30年ぶりの安値まで下落しているため、引き続き下落している。 この地域の企業は他の先進国と比べてネットキャッシュポジションがはるかに高く、インフレに直面した際には不利な立場にあるため、インフレが高止まりすれば、日本の眠気を引き起こす可能性がある。

通貨安により、投資家はいつか反転し、ポンド投資家のリターンが高まると予想しており、関心が高まっている。 しかし、国内問題ではないが、日本に最も近い隣国である中国は大方の予想ほどパンデミック後回復していないため、この不確実性は最大の貿易相手国として依然としてリスクとなっている。

実行方法

4月末までの1年間で、TOPIXは現地通貨ベースで16.8%上昇した。 ただし、ポンドに対する円安により、ポンド換算で 6.7% のリターンとなりました。 時間の経過とともに、IA セクターは指数をわずかに下回り、リターンは 5.5% となりました。

好調な2023年の後もバリューが市場を牽引し続けます。 一般的に他の国の成長は人工知能(AI)への関心の高まりによって支配されてきたが、この国は2023年の世界的な傾向に2つの理由で逆行した。

まず、数十年にわたるデフレの後、緩やかなインフレへの移行は、通常は低インフレ水準による金利上昇に見舞われてきませんでした。 これにより米国との金利差が生じ、日本の通貨が急激に下落した。 海外で稼いでいる大多数を占める日本の大手・超大型企業は、海外での利益を円に換算すると増加するため、円安の恩恵を受けた。

さらに、ウォーレン・バフェット氏は日本最大の商社でのポジションをさらに増やし、東京証券取引所は株価純資産倍率の低い企業を対象とした取り組みを発表し、この指標を改善する計画を明らかにしました。 これは、時価総額企業を支持するのに十分な触媒となり、世界の他の国々は AI の成長見通しにより注目しました。

日本では 2 社が利益を得ていますが、これらは小規模な市場セグメントです。 2023年、Topixは現地通貨ベースで28.3%、ポンドベースで13.3%上昇したが、IAピアグループはわずかに遅れをとった(11.7%)。

アジェイ・ホワイトの運用資産別ファンド、3年間のパフォーマンス、6月の新着銘柄を読む ポートフォリオアドバイザー 雑誌

READ  今着られる7つの日本食レストランチェーン